タックル、テクニック

バスフィッシングタックル全般についての、インプレッション、ノウハウ、テクニック、選び方などの記事です。

スポンサーリンク
タックル、テクニック

ミッドストローリング(ミドスト)

ミドストについて、私が使っているタックル、ワーム、ジグヘッド、実際のやり方についてです。ミドストで重要なのはレンジコントロールですが、あえて厳密なレンジコントロールをせずに、誰でもできそうな方法を取り入れています。
タックル、テクニック

タックルレビュー シマノ 19 カルカッタコンクエストDC201

シマノのベイトリール、カルカッタコンクエストDC201 2019年モデルのレビューです。巻物用リールの最高峰で、10年振りにリニューアルされました。剛性、ローギア、軽量化を図ったスプールと、ストレスフリーなDCブレーキが特徴です。
タックル、テクニック

タックルレビュー シマノ 16 メタニウムMGL XG(左ハンドル)

シマノのベイトリール、メタニウムMGL XG 2016年モデルのレビューです。バス用ベイトリールの主力モデルで、軽量化を図ったスプールと、調整幅の大きな遠心力ブレーキシステムが特徴です。いろいろな用途に使える汎用性の高いリールです。
タックル、テクニック

タックルレビュー シマノ エクスプライド165ML+ (2017モデル)

シマノのロッド、エクスプライド165ML+のレビューです。ジャークベイトスペシャルと銘打たれた、ジャークベイトを快適に操作するために開発されたロッドです。軽いリールと組み合わせることで、理想的なジャークベイトタックルとなります。
ウェアー、小物、他

ランディングネット

日本のバスフィッシングでは一般的となっているランディングネットの使用。アメリカのメジャートーナメントでは、今でもハンドランディングが行われています。ランディングネットを使うべきかどうか、私なりの意見を述べさせていただきました。
ウェアー、小物、他

TALEX(偏光グラス)

TALEXの偏光グラスは、いろいろな方面で非常に高い評価を受けています。バスフィッシングでも例外ではありません。なぜそんなに評判がいいのか、私自信が購入したものの使用感を含めて解説しました。遠近両用レンズ等についても書いています。
タックル、テクニック

右ハンドルか左ハンドルか

ベイトキャスティングリールの右ハンドルと左ハンドルについて、状況に応じた長所、短所を考察しています。絶対的にどちらが有利ということはないので、長所と短所を理解して選択すればいいと思います。ただし肉体的状況によっては使い分けが必要です。
タックル、テクニック

タックルレビュー シマノ エクスプライド265UL+(2017モデル)

シマノのロッド、エクスプライド265UL+(2017モデル)のレビューです。シェイキングをするために設計されたロッドです。パワーはありませんが、バットの粘りで、バスの引きを存分に楽しめます。
タックル、テクニック

ルアーを水面に叩きつけていいのか

ルアーにウィード等が絡まった時の解決法についての考察です。水面に叩きつける方法が手っ取り早いのですが、ルアーが破損する危険が伴います。
タックル、テクニック

タックルレビュー シマノ 19 ヴァンキッシュ2500SHG

シマノのスピニングリール、19ヴァンキッシュ2500SHGのレビューです。元々軽かった旧モデルをさらに軽量化し、剛性と耐久性もアップし、飛距離も伸ばすといった、劇的な進化を遂げています。高くてもいい物が欲しい人のためのリールです。
スポンサーリンク