バスボート

バスボートを購入するまでと、その後のバスボート運用についての記事です。エレクトリックモーターや、魚探などバスボートの装備品についても、こちらに記載します。

スポンサーリンク
バスボート

バスボートの配線ケーブルについて

バッテリーと電装機器を接続している配線ケーブルについての基本的な知識です。やろうと思えば自分でできることが結構あります。もちろんトラブルが発生しても責任は取れないので、不安がある場合はプロに依頼してください。
バスボート

真実のバスボートライフ(バッテリー 第4回)

エレキ用に引き続き、魚探用にもリチウムイオンバッテリーを導入しました。禁断のガーミンライブスコープシステムに手を出した結果、バッテリーを大幅に見直すことになり、ようやくマイボートのバッテリー構成が固まりました。
バスボート

ライブスコープとバッテリー(その4)

ライブスコープ用に導入したリチウムイオンバッテリー、EV-CUBE 14.8V 100Ahのレビューです。電力不足でまともに使用できなかったライブスコープが、EV-CUBEの魚探専用バッテリー導入で、好きなだけ使えるようになりました。
バスボート

ライブスコープとバッテリー(その3)

ガーミンのライブスコープ用バッテリーについての第3回です。バッテリートレイとの関係性から、バッテリーの大きさを考慮する必用が出てきました。最終的に、EV-CUBEの14.8V 100Ahモデルを購入することに決めています。
バスボート

ライブスコープとバッテリー(その2)

ガーミンのライブスコープ用にバッテリーについて、鉛の大容量マリンバッテリーと、リチウムイオンバッテリーを使用した場合について、比較検討してみました。
バスボート

コンソールが外れそうになったから修理した

バスボートのコンソール修理についてです。コンソールを船体に留めているネジが緩み、走行の振動でガタガタになっていました。ネジ留めしていることを知らず、想定外の事象であり、事態が悪化するまで全く気が付きませんでした。
バスボート

ライブスコープとバッテリー(その1)

電力を大量に消費するガーミンのライブスコープシステム。使用するバッテリーについて何回かに分けて検討します。その1回目は、バッテリーの現状と持続時間についてです。
バスボート

ハミンバード魚探オートチャートライブの使い方

ハミンバード魚探のオートチャートライブ(等深線マップ作成機能)の使い方についてです。マニュアルに書いていないことなど、使い込んで分かったことを書いてみました。
バスボート

ハミンバード魚探のウェイポイントをガーミン魚探へ

ガーミンのライブスコープ導入に伴い、今まで使っていたハミンバード魚探からチャートのウェイポイントデータをガーミンへ移行しました。そのやり方を公開します。ハミンバードが提供しているパソコンソフトを利用してファイルデータを変換しています。
バスボート

ハミンバード魚探ヘリックスのウェイポイントをバックアップする

ハミンバードの魚探HELIXシリーズで、魚探に保存したウェイポイントのデータをパソコンへバックアップする方法と、バックアップデータを取り込む方法です。こまめにバックアップをしておけば、万一魚探に何かが起こっても安心です。
スポンサーリンク