どっちもどっち 2020年5月27日

2020年5月

時間 6:00~17:00 天候:曇り時々晴れ 水温:19~21℃ 放水量:150㎥/s 場所:木浜、下物、志那

<今日の課題>
キャロとフリーリグの違い
リグを変えることでバスの反応が変わるのか。

今日は朝から風が吹いている。
雨が降るような予報もあるがどうなるだろう。

木浜沖へ向かう。
曇り、南の中風、水温19℃台、透明度クリア、水深4.1mのウィードフラット。
風が強くミドストは難しい。
ベイト祭りを期待したが、波があってベイトは目視できず、魚探にも反応は無い。
ジャークベイトを投げてみるもノーバイト。
ミドストを少しやるもノーバイト。

岸より水深3m前後のエリアへ移動する。
曇り、南の中風、水温19~20℃、透明度1.5m。
風でボートを流しつつキャロを投げたがノーバイト。

下物沖へ移動する。
曇り、南の中風、水温20℃台、透明度2m、水深3.7mのウィードフラット。
風が強く、やはりミドストは困難。
スピンベイトを引いてみるもノーバイト。
スピンベイトはミドストの代わりにはならないのか。

志那エリアへ移動する。
下物浚渫南側のフラットエリアをやってみる。
晴れ、南西の弱風、水温20~21℃、透明度1.5m、水深3m前後。
キャロにバイトが無く、フリーリグにチェンジする。

もっさりしたバイトがある。

とりあえず1本目、今日はフリーリグの方がいいのか。

浚渫に移動して、ハンプでフリーリグをキャストする。
ハンプと壁の際で2匹目が喰う。

1,300g

キャロも投げてみるがこちらは反応が無い。

風が弱まったので下物沖に行ったみたが、ボートが流されるスピードは意外と早くミドストはできない。

午前中は2バイトで2本、バイトが少ない。
一瞬小雨がぱらついたが、雨はほとんど降らなかった。

午後の開始は下物沖から。
風は北の中風に変わる。
ウィードフラットでスピンベイトをキャストするもノーバイト。

下物エリアの浚渫へ移動する。
ハンプに向かってフリーリグとキャロをキャストする。

ボートを風で流しつつ、ハンプの際ではボートをステイさせてじっくりと探る。

しかし、バイトは無い。
キャロにもフリーリグにも反応は無く、比較にならない。

風が弱まることはなく、午後は何も起こらず終了。

<本日の結果>
キャッチ2。最大魚1,300g。

<考察>
キャロ、バイト0。フリーリグ、バイト2。
どっちもどっち、痛み分けといったところか。
テキサスリグならたくさん釣れているという話があるので、試してみたい。

コメント