ゴッキーこわい 2019年7月8日

2019年 7月
1,800g

時間 6:00~17:00 天候:晴れ 水温:24~25℃ 場所:下物、赤野井

<今日の課題>
トップウォーター
世間では、トップで釣れているらしい。

話がそれるが、出船前にタックルをセットしていると、バスボートのストレージにゴッキーが出現した。
ガッキーは大好きだが、ゴッキーは勘弁だ。
追い出したいが、方法がない。
とりあえず見なかったことにして、後でコックローチなどで退治することを考える。

インサイドや西岸など、選択肢はいろいろあるが、確率の高い下物浚渫のハンプに向かう。

左ハンドルリールを未導入(アマゾンのプライムデー待ち)のため、ロッドアクションが必要なルアーは難しい。
必然的に、バズベイトをキャストする。

珍しく朝から風がある。
水面が波立ち、トップには不向きな状況だ。
それでもトップをやってみる。

いくつかハンプを攻めたが、反応無し。
波があるからダメなのか。

しばらくスイムジグをキャストしていると、風が止み、水面も穏やかになる。
再びバスベイトをキャストするが、やはり反応無し。

既に日は高く、今度は陽射しの影響だろうか。
今日はトップの日ではないと判断し、課題を変更する。

「スイムジグ」

これはだいぶ前から宿題となっている、釣ったことがないルアーの一つである。
スピナーベイトやブレーデッドジグの代わりに、スイムジグを使う。

浚渫のハンプで、ひたすらスイムジグをキャストする。

ウィードに絡めて引いていると、遂にその時が訪れる。
明らかにウィードとは違う反応が伝わった。

しかし、すぐにウィードに巻かれて動かなくなる。
MHのタックルで、ある程度無理は効くのだが、それでも上がってこない。

しばらくウィードと格闘し、藻玉となったバスをキャッチする。

スピナーベイトをウィードの中に入れると、ほぼスタックするが、スイムジグならウィードをかわすことができる。
また一つ、新しいアプローチを手に入れた。

バイトが遠のいたため、下物インサイドへ移動する。

ノーシンカーワームのスイムベイトをキャストする。
今日のタックルはベイトフィネス。

ウィードエリアを攻めていると落ち込みでバイトがある。

良型のバスをキャッチ。

この調子でバシバシ釣れるかと思ったが、なかなかバイトが続かない。

浚渫に戻り、スイムジグにバイトがあるも、フックアップせず。
あわせが早かったか。

午後の部は赤野井沖から。

ウィードフラットをスイムジグで攻めてみたが、反応無し。
ダウンショットでドラッギングするも、バスは喰わない。

少し移動し、下物浚渫北のフラットでダウンショットをドラッギングしていると、デッキにゴッキー現る。
ストレージからどうやって抜け出したかと思ったが、侵入できるということは抜け出せるということだろう。

湖に落とそうと試みるも、船べりを超えて船底側へ逃げられた。
いつまたデッキに上がって来るかと思い、しばらく釣りに集中できなくなった。

本日最後は下物浚渫でスイムジグをキャストする。

終了まぎわに、ようやくバイトがあるも、再びウィードに巻かれる。
なかなかバスは上がってこない。
ようやく上がってきたときには、バスの姿は無くウィードだけとなっていた。

帰着後、船体を見回したがゴッキーは確認できず。
琵琶湖に落水したと思いたい。

<本日の結果>
バラシ1、キャッチ2。最大魚1,800g。

<明日のために>
コンバット⁉

コメント