チェイスはあったが、今年を締めるバスは手にできず 2018年12月31日

吉川の浜から望む比良山系 2018年12月
吉川の浜から望む比良山系

時間 8:45~10:15、12:30~15:30 天候:曇り時々雨 最高気温:6℃ 場所:吉川(北湖東岸)、志那、木浜(南湖東岸)

今年の釣り納めで、初の北湖東岸へ遠征する。向かったのは吉川エリア
何故このタイミングでというと、最近滋賀県土産として評判の、クラブハリエのバームクーヘンを購入するついでである。

20181231 琵琶湖の吉川エリア
20181231 吉川エリア

駐車場の目の前には、砂浜が広がり、石積みの岬も点在している。
水質はとてもクリアで、北西の季節風がそこそこ吹いている。
対岸には雪景色の比良山系が広がる。

到着時に釣り人はいなかったが、私が撤収するくらいの時間に何人かバサーがやってきた。
寒風吹きすさぶ中、今年を締める魚を探しにきているのだろうか。

とにかくメタルバイブ(バークレーのDEX MV11g)を遠投して、巻いてくる。
手返しを優先して、ただ巻きの早巻きで探る。

風があって糸ふけが出るため、ルアーの着底がはっきりしないが、着水後3秒程度で底に着く。
あまり水深はないようである。

砂底で、水中のカバーはあまり感じられないが、一部ウィードが残っているエリアもある。

ウィードのエリアで、何度かルアーを通していると、岸際までルアーをチェイスしてくる魚影が見えた。
背中が緑色であまりバスっぽくなかったが、北湖のバスだろうか。

バイトには至らなかったが、可能性を感じられやる気が出る。
しかし、その後は再び無であった。
適当に切り上げて、バームクーヘンを買いに行く。

余談になるが、クラブハリエには、全国各地のナンバーを付けた車が来ていた。
評判は伊達ではない。

午後からは、いつもの志那エリアへ向かう。

20181231 琵琶湖の志那エリア
20181231 志那エリア

岸で休んでいた大量の鴨が、私が近づくと一斉に水へ飛び込んだ。
水はかなり濁っている。北湖がクリアであったのは、泥底と砂底の違いだと思われる。

まずは、ウィードエリアでメタルバイブを引くが、反応はない。

続いて、いつものストレッチへ。
昨日、一昨日と雪が降り、水温はかなり低下しているはずである。
ただ巻きに加えて、リフト&フォールも混ぜて探る。

リフト&フォールで手前まで引いてきたとき、ルアーがググっと持っていかれた気がして、思いっ切りあわせる。

よっしゃー!と喜んだが、ラインが動かないことに気付く。
あれっ?根掛かりか?やっちまった…。

そのままDEX MV(アカキン)は殉職となった。南無~。

悪い気を払うため、木浜エリアへ移動する。

20181231 琵琶湖の木浜エリア
20181231 木浜エリア

久し振りに木浜で何人も釣りをしているのを見る。
冬休みで帰省したついでか、それとも帰省もせずに釣りをしているのか。

DEX MV11gの最後の1つ、シラウオチャートリュースカラーをキャストする。
ただ巻きで探るが、無反応である。

根掛かりを恐れ、リフト&フォールはやめておく。
しかし、水中から突き出た杭の少し横を通したとき、がっつりと何かに引っ掛かる。

ウッキー!そこにも何かが沈んているのか。
本日二人目の殉職者を出すことに。アーメン。

その後、レイドジャパンのレベルバイブを引いてみたが、バスが反応することは無かった。
今年の釣り終了である。締めの魚には出会えなかった。

木浜では、初めて琵琶湖に来たという釣り人が、誰も釣れていないため、ここにバスがいるのか不安になっていた。
しょっちゅう琵琶湖で釣りをしていても、簡単には釣れないのだ。
釣れないからといって琵琶湖を嫌いになって欲しくはない。

今日の収穫。帰りに寄った釣具店で、DEX MVの14gをゲットする。アマゾンで売っていなかったサイズである。飛距離アップで、釣果もアップか。

本日の結果。チェイス1、ノーフィッシュ。殉職2。

コメント