ブレークブレードを信じて投げて良かった 2018年11月12日

2018年11月12日、1匹目のラージマウスバス 2018年11月
11月12日、1匹目

時間 12:00~17:10 天候:曇り 気温:16℃くらい 場所:下物、志那(南湖東岸)

久し振りに下物エリアへ行ってみることにする。

琵琶湖の下物エリア

下物エリア

駐車場はガラガラである。鯉のブッコミ釣りは竿が並んでいるが、バスの釣り人は見当たらない。自称“祭り会場”へインする。

水は濁っていて、弱い向かい風が吹いている。
ブレーデッドジグ、ジャッカルのブレークブレードWSをキャストする。

ノーマルなブレークブレードと比較して、見た目以外の違いは、

  1. ブルブルが弱く、より高速で巻くことができる。
  2. 飛距離が出ない。

この2点である。

ただし、2つ目の「飛距離が出ない」は、スカートが長いために、トレーラーワームをセットしていないからかもしれない。※2018年11月14日、この事実を確認したため修正

一流しして反応がないため、ライトリグにチェンジする。
OSPのドライブスティック4.5in、ノーシンカーリグをキャストする。

いい時期であれば、キャスト直後になんらかの反応があるのだが、何も起こらない。
祭り会場を一通り流したが、ピクリともしなかった。

浮いているものに興味を示さないのだろうか。
1/16ozのシンカーを付けて、ライトテキサスで探ってみることにする。

結果は変わらない。
しかも、飛距離がほとんど伸びないことも問題である。

その後、駐車場前の石積み護岸を、軽くクランクベイトで探ってみたが、やはりバスの反応がないため移動する。

志那エリアへ到着。
昨日は日曜日でテント村と化していたが、今日はほぼテントは無くなっている。

琵琶湖の志那エリア

志那エリア

ウィードエリアで、ブレークブレードWSをキャストするが、バイトは無い。

飛距離を稼ぐために、DスタイルのDブレードにチェンジする。
ブレークブレードWSよりも飛ぶ。探るエリアが広がったが、やはり反応は無い。

続いてクランクベイトで探る。
エバーグリーンのクラッチヒッターを、テンポよく投げて行く。

時々、水中のウィードに掛かると、バスの期待が高まる。
ウィードをほぐしながらアタリを待つが、何も起こらない。

すると、何かが起こった。
根掛かりだ。何かにガッツリと引っ掛かる。

ウィードくらいしかないはずだが、引っ張っても外れない。右や左に動いてみるがダメである。

最後はスナップのところからラインがぷっつり切れて、クラッチヒッターが殉職した。
まだそんなにバスを掛けていないのに…。

気持ちを切り替えて、ライトテキサスリグをキャストする。
しかし、ここでもピクリともアタリがこない。ライトリグで全くアタリがないのはしんどい。

日没まで1時間となり、ブレーデッドジグで最後の勝負に出る。
場所も変えて、北にある水門の先、別の駐車場の方まで行ってみる。

Dブレードを投げ始めたが、ウィードガードのワイヤーに頻繁にウィードが引っ掛かる。
泳ぎに支障が出るので、回収後に手で取る必要があり、非常に面倒である。

ブレークブレードのノーマルバージョンにチェンジした。
これまでの実績を信じてキャストする。

だいぶ日が落ちてきた。状況は厳しい。ノーフィッシュの影がちらつく。

と、その時、ガツンと来た!ついにバスが喰った。
久し振りのバスである、逃がしてなるものか。
慎重にやり取りをして、40㎝級のラージマウスバスをキャッチした。

近くにいた釣り人が見に来てくれて、喜びもひとしおである。

今日の収穫。ライトリグに反応がないときは、早めに見切りを付けること。

本日の結果。キャッチ1。殉職1。最大魚44㎝。

コメント