”由美浜”にてハイピッチャーに反応あり 2018年9月1日

琵琶湖の由美浜エリア2018年 9月
由美浜エリア

時間 5:15~11:15 天候:雨のち曇り 気温:28℃くらい 場所:におの浜、浜大津、由美浜(南湖西岸)

9月最初の釣行は、におの浜エリアへ向かう。昨日入れ食いとなったポイントを目指したが、すでに先行者が陣取っていた。

琵琶湖のにおの浜エリア

におの浜エリア

天候は雨、南西の風。このところ琵琶湖の放水量が増えているようだが、水質の改善はまだ見られない。

シャロークランクで石積みをランガンする。ワイルドハンチSRの金黒をキャストする。水面下のウィードを探して投げ続けるも、ウィードがクランクベイトに掛かることはない。同様にバスも掛からない。最後には、地球が釣れてしまい、今週活躍したワイルドハンチSRに永遠の別れを告げた。

ヤマセンコー5インチのノーシンカーリグに変更して、釣りを続ける。気が付くと、昨日の入れ食いポイントから人がいなくなっている。そこのポイントでワームをキャストすると、水面下にウィードがたっぷりと感じ取れる。釣れそうな気はすごくするが、散々叩かれた後であり、バスのあたりはない。

におの浜エリアに見切りを付け、すぐ隣の浜大津エリアへ歩いて移動する。ウィードを探しつつ、ヤマセンコーをキャストしていると、ようやくウィードが感じられる場所を見つける。待望のあたりが来たが、慌ててあわせると、ワームがフックの下からちぎれて飛んできた。

ここで3時間が経過し、時間切れとなる。駐車料金430円を支払い、駐車場を出る。このままでは帰れないと思い、新規エリアの開拓のため、由美浜エリアへ移動する。

琵琶湖の由美浜エリア

由美浜エリア

大きな岬状の石積みエリアを、ヤマセンコー5インチでテンポよく探っていく。水深のあるエリアで、大型の期待は持てそうだが、ウィードは全く感じ取れない。岬を一通り攻めるも、ノーバイト。

スピナーベイトのハイピッチャー1/2ozDWにチェンジする。今度はサンシャインビーチへ向かって釣り進む。しばらく行くと、石積みの護岸が終了し、ゴロタ石のエリアになる。岸際が浅くなり、スピナーベイトを引いていると、ごつごつとかなり引っ掛かる。ロッドを高く掲げて対応するも、いつ根掛かるか不安たっぷりである。

岸近くで障害物をかわしたとき、バスのあたりがあった。ラインが走り、岩とこすれる。次の瞬間、ジャンプ一発、ばれた…。

ゴロタ石の先は、砂利の浜、サンシャインビーチである。ハイピッチャーを投げ続けたが、2匹目は来ない。すると根掛かりをかわしながらの釣りが、ついに破綻する。ハイピッチャーを根掛かりで失う。

由美浜エリアでも3時間釣りをして、駐車料金430円を支払った。

本日の結果。あたり2、バラシ1、釣果0。ルアーロスト、クランクベイト1、スピナーベイト1。このところルアーの消耗が激しい。

コメント