浮御堂のアイドル 2018年8月2日夕方の部

琵琶湖、浮御堂の猫 2018年 8月
浮御堂のアイドル

時間 18:00~19:00 天候:晴れ 気温:猛暑 場所:浮御堂(南湖西岸)

午前の部が不調であったため、夕方の部を決行。場所は近所の浮御堂エリア。16時頃に夕立があったので、活性が上がっていることを期待する。

琵琶湖の浮御堂エリア

浮御堂エリア

18時に徒歩にて現地到着。東岸と違って水質はいたってクリアである。風は無くべたなぎで、水面が鏡のようである。岸際ではウィードが顔を出し、沖に向かって少しずつまばらになっている。昨日の波があるときは分からなかったが、沖合100メートルくらいまで、ウィードが水面近くに伸びていることが、水面の状況で分かった(その先はさざ波が立っている)。夕立があったが、気温はほとんど下がっていない。

ベイトフィネスタックルにスタッガーワイド4インチのノーシンカーで釣りを開始する。ウィードが水面に出ていないところを狙ってキャストをして、途中水面に出ているウィードの上に乗せたりしながら、ただ巻きで攻めていく。

私にとって初スタッガーワイドであったが、ここで重要なことが判明する。スタッガーオリジナルとは全く別物であるということだ。もちろん形が違うのだが、ただ巻きするとすぐに浮いてくるのだ。

ギルっぽい物が水中を泳いでくることを想像していたのに、水面を泳いでしまう。トップウォーターではないか。風もなくトップが有効な状況でもあったので、今日はトップウォーター的に使うことにした。

釣れそうな気は相変わらずするのだが、ギルっぽいあたりしか来ない。まとわりついた藻を外すために、岸際でちょんちょんしていると、ミニバスらしき魚がしっぽに食いついた。自分の5倍くらいあるワームに食いついて、なかなか離さないのだ。根性のある奴である。あと5年くらいしたらまた会いたい。

あまりにも釣れないので、浮御堂のアイドルを撮影することにした。釣りをしているとかなりの確率で近くへ寄ってくる。良く見かけるのは3匹いて、写真の他に、キジトラとシャム猫みたいなのがいる。今日はもう一匹、子猫がうろちょろしていた。

琵琶湖、浮御堂の猫

浮御堂のアイドル

ただ巻きトップでは、ギルらしき魚がジョボっと1回出ただけであった。その後、リフト&フォールを試してみたが、反応はなかった。バスよ何処へいったのか。スタッガーワイドは、今後ライトテキサスなどで軽く沈めて、水中でウィードの上に乗っけるような使い方をしてみようと思う。
(パッケージをよく見ると、ノーシンカーで使用するイラストは描かれていない)

日没になったので、夕方の部を終了した。

コメント