スタッガーワイドに喰いついたが 2018年8月7日

琵琶湖の堅田エリア水上警察桟橋横 2018年 8月
水上警察桟橋横

時間  5:00~9:00 天候:曇のち晴 気温:30度弱 場所:浮御堂(南湖西岸)ほか

昨日から愛車がいよいよ修理に出ている。そこで今朝は浮御堂エリアへ向かう。

曇りのため、いつもより暗いなかを、浮御堂へと歩く。少し涼しい。現地では、他の釣り人はおらず、貸し切り状態である。ウィードの状況はあまり変化がなく、水面に出ているところと出ていないところが点在している。水質は悪化傾向で、岸際には腐敗した藻がたまり始めている。

琵琶湖の浮御堂エリア

浮御堂エリア

ベイトフィネスタックルで、スタッガーワイド4インチのライトテキサス(シンカー1/16oz)を使用する。以前計画したように、水面下のウィードに乗せて誘う作戦である。水質が悪化しているためか、トロロ藻が増えているようで、キャストする度にワームに絡んでくる。

少しずつ移動しながら、ひたすらスタッガーワイドを投げる。ウィードが絡むのでとても釣りづらい。アクションを岸際で見る限り、シンカーが先に沈み、それを追いかけるようにスタッガーワイドが、スライドしながらスパイラルにフォールする様子が確認できる。近くにバスがいれば、釣れないはずがないと思ってしまう。

2時間ほど粘ったが釣れないため、浮御堂の北側、水上警察の桟橋へ移動する。桟橋の脇に、岸から石積みが伸びており、そこの先端で釣りをする。

琵琶湖の堅田エリア水上警察桟橋横

水上警察桟橋横

引き続きスタッガーワイドを投げる。ここは、ウィードがあまり育っていないようで、水面にはほとんどウィードが無く、沈めてもあまり引っ掛かることはない。ライズがあったところへ投げたが何も釣れない。

沖へ向かって投げて、底を取り、リフト&フォールで誘っていると、突然グググッと引っ張られた。慌ててあわせたが、重さを感じることもなく終了。慌てすぎである。「次、引っ張るから」と知らせてもらえれば慌てないのに。

気を取り直して次のキャストをすると、再びグググッと引っ張る奴がいる。一呼吸おいて、リールを巻いて、重さを感じてロッドを引き付ける。よっしゃー!と心の中で叫んだ次の瞬間、軽くなった。また逃げられた。下手くそである。スタッガーワイドもフッキングでダメージを受けた。

3度目はなかった。堅田漁港方面に行ってみたり、また桟橋に戻ってヤマセンコー4インチのライトテキサスを投げてみたりしたが、何も起こらなかった。チャンスを確実にものすることの大切さが、身に染みた日となった。これで一週間バスを手にしていない。明日こそは。

コメント