ハイプレッシャー用といっても、簡単に釣れる訳ではない 2018年11月11日

ジャッカルのブレーデッドジグ、ブレークブレードとブレークブレードWS 2018年11月
上:ブレークブレード 3/8oz 下:ブレークブレードWS 3/8oz

時間 15:15~17:10 天候:晴れ 気温:18℃くらい 場所:志那(南湖東岸)

午後、志那エリアへ向けて出発する。途中、琵琶湖大橋の渋滞がひどく、橋の入り口から料金所までノロノロであった。

現地へ到着すると、駐車場が盛況で停めるところに苦労する。キャンプ、BBQの客がほとんどの様で、釣り人はあまりいない。

琵琶湖の志那エリア

志那エリア

微風で風向きが良く分からない。右へキャストするとルアーが押し戻されるので、北東の風が右方向から吹いていると判断する。

透明度が一昨日よりは良く、岸際は底が見えている。駐車場正面のポイントは、意外と浅いことが判明した。

沖のウィードに向かって、ブレーデッドジグをキャストする。

今日は、ジャッカルのブレークブレードWS(ウイニング・スペック)を試してみる。
ノーマルモデルに比べると、ハイプレッシャー用にタイトなアクションをするとのことである。
ブレードが小さくなり、スカートのボリュームが増えている。

ジャッカルのブレーデッドジグ、ブレークブレードとブレークブレードWS

上:ブレークブレード 3/8oz
下:ブレークブレードWS 3/8oz

石積み護岸を丁寧に探って行くが、バスからの反応はない。
取り切れなかったバスをバイトさせると唄っているが、そんなに甘くはないようだ。
風も次第に強くなってくる。

ブレーデッドジグに見切りを付け、クランクベイトへチェンジする。

エバーグリーンのクラッチヒッターをキャストする。
中層の早引きでリアクションを狙っていく。

今日は、ウィードの切れ端がそれほど漂っていないため、割とクランクベイトを引き易い。

しかし、水面が波立っていて、生えているウィードの位置が良く見えない。
浮いているウィードは拾わないけれども、ウィードが多いエリアでは、結構水中のウィードに引っ掛かってしまう。

日没までクラッチヒッターを引き倒したが、バイトは得られなかった。
結果は出なかったが、短い時間の中で、やれることはやった気がする。

今日の収穫。休日に、短時間で結果を出そうとするのは、無理があるようだ。

本日の結果。ノーフィッシュ。

先週はバスがほとんど釣れなかった。今週は、もう少し時間を掛けて、いろいろな場所、いろいろな釣り方を試してみようと思う。

コメント