動き回ったが、結果が伴わず。釣れないと疲労も倍増する。 2018年10月17日

夜明けの由美浜 2018年10月
夜明けの由美浜

時間 6:00~15:30 天候:晴時々曇り 気温:21℃くらい 場所:由美浜(南湖西岸)、北山田、志那、下物(南湖東岸)

西よりの風の予報が出ていたため、朝は由美浜エリアへ向かう。現地には私の他に釣り人はいない。釣れないから、人がいないのではと不安になる。

水質はクリアで、遠浅の底が良く見える。風は微風が岸から沖へ向かって吹いている。

琵琶湖の由美浜エリア

由美浜エリア

このエリアはあまり来たことがなく、ほとんど状況を把握していない。広く浅く探るために、まずはジャッカルのブレークブレードにOSPのドライブスティック4.5inをトレーラーに付けて投げる。

そこそこルアーは飛んで行くが、遠浅でどのくらいの水深を探っているか良く分からない。ブレークブレードを引くと、ベイトフィッシュが跳ねて逃げるから、このエリアはベイトは豊富なようである。

砂利の浜からゴロタ石エリア、石積み護岸まで、ブレークブレードで探ったがバスの反応はない。本当にバスがいないのか、ライトリグで丁寧に探ってみることにする。

OSPのドライブスティックファット4.5inのノーシンカーリグを投げる。1時間以上かけて探ったが、コツンという何かのバイトが1回あっただけである。少なくとも、ルアーの届く範囲に、喰い気のあるバスはいなかった。

後から2,3人釣り人がやって来たが、他のエリアと比べるとやはり少ない。また、ウナギの仕掛けが、岸と平行にかなりの距離で入れられている。底をとる釣りでは、引っ掛かるに違いない。

由美浜エリアでは3時間弱過ごし、収穫なし。駐車場料金430円を支払って移動した。

北山田エリアに到着。
透明度は50㎝くらい、岸際にはベイトフィッシュが群れている。風は微風で、やや向かい風。

琵琶湖の北山田エリア

北山田エリア

やりたい場所には先行者がいて入れず、それ以外にも多くの釣り人がいる。せっかく来たのだから、とりあえず空いているポイントに入る。DスタイルのDブレード(トレーラーはドライブスティック)を投げるも反応はない。

ドライブスティックファットのノーシンカーリグも投げたが、こちらも反応がないばかりか、スピニングのライントラブルで時間を浪費する。

北山田エリアは早々にあきらめ、志那エリアに移動する。
透明度は30㎝くらいで、まだ濁りがある。風はやや向かい風。

琵琶湖の志那エリア

志那エリア

Dブレードを投げていると、またウィードガードが抜けるトラブルに見舞われる。このルアーの耐久性には甚だ疑問がある。
ブレークブレードにチェンジするが、相変わらずバスの反応はない。

ブレーデッドジグは、引き抵抗はそんなにないが、空気抵抗があって投げるときに腕に負担がかかる。半日投げ続け、乳酸が溜まりまくりでほぼ限界である。

一応、ドライブスティックファットのノーシンカーリグも試してみるが、昨日同様に反応がない。そのうち風も出てきて、志那エリアを諦める。

最後の砦、下物エリアに到着。
透明度はほぼ回復して、岸際は底がはっきりと見える。抜けたウィードが、風で岸に吹き寄せられている。お昼時だからか、釣り人がほとんどいない。

琵琶湖の下物エリア

下物エリア

疲労の限界ではあるが、風があるので、根性でブレークブレードを引き倒す。自称“祭り会場”を一通り探ったが、反応はない。バスがいるところまでルアーが飛んでいないのだろうか。

ノーフィッシュでは帰れない。ドライブスティックファットのノーシンカーリグに願いを込める。すると、生命反応がくる。ショートバイトであるが、昨日は全く反応がなかったので、やはり先行者の有無は大きいようだ。(朝は攻められているかも知れないが、少なくともある程度の時間が経過していると思われる)

何度もアタリはあるが、乗らない。そのうちに、風が強くなってノーシンカーリグでは対応困難となる。
最後に、ダウンショットなども試してみたが、バスを手にすることは出来なかった。

今日はあちこち動き回り、時間も掛けたが、結果を出せなかった。疲労困憊である。

本日の結果。ノーフィッシュ。

コメント