強風に苦戦する 2019年4月1日

1,000gのラージマウスバス 2019年 4月
1,000g

時間 7:15~17:15 天候:曇り時々雨 水温:11℃ 場所:4本柱、下物、浮御堂

季節外れの寒波で、今日から4月だというのに寒い。
真冬の服装で出船する。

4本柱沖のウィードフラットで釣りを開始。

早速、ジグヘッドリグが重くなる。
あわせたが、一瞬ドラグが鳴って軽くなった。
フックアップせず。

いきなりのミスから朝が始まる。
しばらく粘ってみたが、その後は何も起こらない。

下物沖のウィードフラットへ移動する。

メガバスのワンテンR+3なるジャークベイトを入手したので、試してみる。
水深4mまで潜るらしい。

水深は4mを少し切るくらい。
生えかけのウィード上っ面で、ジャークができているはずである。
しかし、不発。

昨日は強風のため琵琶湖オープンが延期となった。
濁りを期待して、浚渫エリアに入る。
ボートの数は多くない。
月曜日は比較的少ない傾向にある気がする。

浚渫壁でフットボールジグを沈めてみるが、喰わない。

ハンプの周囲でクランクベイトをキャストする。
濁りが適度に入っていて、期待が持てる。

しばらくして、バスからの反応がある。
やはり、ウィードから外れたタイミングで喰ってきた。

あまり引かない。
40㎝前後、1,000gのバスをキャッチする。

後が続かない。
徐々に北西風が強く吹いてきて、下物エリアは荒れ模様に。
一旦休憩を挟む。

風を避けるため、西岸の浮御堂沖へ向かう。

ミオ筋出口の、メインチャンネルに続くブレイクを狙う。
ダウンショット、メタルバイブと試すも、反応無し。

2mラインの、真冬でも残っていたウィードエリアへ。
ジャークベイト、ジグヘッドリグをキャストするが、反応無し。

やや風が弱まって来たタイミングで、4本柱沖へ。

沖へ出るとまだ結構荒れている。
いつものポイントの近くで、魚探にバシバシと反応が出る。

強風の中、ジグヘッドリグをキャストする。
底まで沈めて、引いていると、ロッドに重みが加わった。

バスだ。
ラインが風に流されて、あたりを取りそこなった。
ジグヘッドを飲まれてしまう。

40㎝弱くらいのバスをキャッチする。
おえおえ棒で針を外そうとするが、バスが小さくて針先が見えない。
かなり時間を掛けて、ようやく外れた。

ボートのデッキがバスの血で赤くなっている。
バスも弱ってしまい、撮影どころではない。
とりあえず泳いで戻って行ったが、かなり心配だ。m(_ _)m

いちおうヒットルアーを載せておく。

ケイテック タングステン スーパーラウンドジグヘッド 1/16oz #3/0,OSP ドライブスティック4.5in
ヒットルアー:ケイテック タングステン スーパーラウンドジグヘッド 1/16oz #3/0,OSP ドライブスティック4.5in

その後はバイトなく終了した。

今日の収穫。強風の中、ライトリグのアタリをどう取るか。

本日の結果。バイト3、キャッチ2。最大魚1,000g。

コメント