期待していなかったが、いいのが釣れた 2018年10月8日

2018年10月8日、1匹目のラージマウスバス2018年10月
10月8日 1匹目

時間 5:40~9:00 天候:晴れ 気温:22℃くらい 場所:浮御堂エリア(南湖西岸)

三連休の最終日ということで、メジャーな釣り場へ行っても場所の取り合いとなるため、近場の浮御堂エリアへ向かう。

琵琶湖の浮御堂エリア

浮御堂エリア

このエリアは久し振りである。前回来た時は、岸際のウィードが水面まで生えていて、釣る方法に苦労する状況であった。今日は、水面に出ているウィードはほとんどなく、普通にルアーを引いて来れるようになっている。

追い風を期待して来たのだが、右から左へやや向かい風が吹いている。透明度は高く、はっきりと底が見える。朝の気温は長袖で肌寒いくらいである。

浮御堂で風裏となっているポイントから釣りを始める。ルアーはハイドアップのスタッガーオリジナル5inをノーシンカーのただ巻きで引く。

4,5投したとき、バスが喰いつき、ルアーが重くなった。結構な引きである。ベイトフィネスタックルのため、寄せるのに苦労する。キャッチしたのは、プリプリのグッドコンディションなバスである。ゴオマルかと思ったが、そこまで大きくはなかった。

あまり期待はしていなかったが、幸先のいいスタートを切れた。気が付くと、浮御堂のアイドル達(猫)もやってきた。かわいい子猫が近寄ってきたが、二匹目を狙うため、あまり構ってはいられない。

しかし、というかやはり、二匹目はそう簡単には釣れない。なにしろ向かい風で、キャストがままならない。バスが釣れた場所は、風裏のためそこそこ飛距離が出ていたが、沖へ投げると飛距離が出ない。バスがいる場所まで届いていないと思われる。

ノーシンカーでは厳しいと判断し、1/16ozのシンカーを付けてテキサスリグに変更する。飛距離は多少改善されたが、納得のいく距離は出ていない。飛距離を取るか、アクションを取るかだ。今日はこのままやってみることにする。

堅田漁港の方まで行きながらスタッガーオリジナルを投げるが、あまり釣れる気がしない。ただ巻きがダメなので、リフト&フォールにしたりする。その後は、ギルっぽいアタリが一回あっただけだった。

あまり釣果を期待しない中で、良型が一匹釣れたので良しとしたい。
帰りがけに、アイドルを写真に収めた。

浮御堂周辺にいる猫

浮御堂の猫

本日の結果。バイト1、キャッチ1。最大魚47㎝。

コメント