釣れるのはミドスト 2019年4月20日

1,500gのラージマウスバス 2019年 4月
1,500g

時間 8:00~16:00 天候:晴れ 水温13~14℃ 場所:下物、4本柱

明日はマリーナのトーナメントである。
釣れる魚は残しておきたいが、全く目星が付いていないから、釣って確認する必用がある。

ダウンショットのワームを小さくすると、バイトが出るという情報を入手した。
試してみたい。

下物の浚渫へ。

ダウンショットのフックをマス針にして、ゲーリーヤマモトのヤマセンコー3inをセットした。
ベイトの反応が出ている、浚渫の穴へ投げ入れる。

さあ、喰ってきなさい。
ねちねち、ねちねち、・・・。
喰わない。

穴がだめなら壁だろうか。
ずりずり、ずりずり、・・・。
喰わない。

場所を替えて、時間を掛けて探ったが、反応は無かった。
浚渫撃沈。

インサイドのシャローで、魚探のサイドイメージで沈み物を探してみる。
これは、という物は見つからなかったが、幾つかのちょっとした変化にマークをしておいた。

下物沖のウィードフラットへ。

ミドストをすると、すぐに反応がある。
45㎝くらい、1,500gのバスをキャッチする。

これで明日の作戦は決定された。
ミドストと心中だ。
気紛れなパターンなので、不安が大きいが他に魚を捕れる方法が分からない。

その後も4本柱沖など、ウィードフラットを周ってみる。
他のエリアでバイトは無かったが、同じところへ戻ってくると、再びバスが喰った。

40㎝くらい、900gのバスをキャッチする。
なお、ワームのカラーがさっきとは違う。

900gのラージマウスバス
900g

このエリアでこれ以上釣るのは止めにした。

体への負担もあるので、今日はあまり釣りをするつもりではなかったが、やはり湖に出ると釣りがしたくなる。
ミドストのシェイクで、右手に疲労がたまってしまった。

<本日の結果>
バイト2、キャッチ2、最大魚1,500g。

<今日の収穫>
やっぱりミドストしかないのか。

コメント