2匹のキャッチに成功するも、サイズアップならず 2018年8月30日

2018年8月30日1匹目のラージマウスバス 2018年 8月
8月30日 釣果1

時間 5:20~8:10 天候:晴れ 気温:30度ちょい 場所:浜大津(南湖西岸)

3日続けて、浜大津エリアへ釣行する。出発に手間取り、現地到着が少し遅れる。先行者が1名いたので、空いていた流れ込み横から釣りを開始する。

琵琶湖の浜大津エリア

浜大津エリア

日が昇るまでは、シャロークランクを引き倒すことに。本日もワイルドハンチSRに働いてもらう。昨日より飛距離が出ていない気がするが、腕が疲れているからだろうか。

6時頃、待望のあたりがある。昨日は、早巻き中の沖でのバイトであったが、今日は岸近くでルアーに喰いついてきた。早巻きを終えて、スローに岸際の沈んだ岩に当てながら引いていると、ロッドが急に引き込まれた。ワイルドハンチSRを丸のみした元気なバスで、サイズは40㎝に足りないくらいである。

クランキングは約1時間行って、1匹キャッチであった。続いて、ノーシンカーワームの出番である。昨日と同様に、ドライブスティックファット4.5インチをキャストする。

ラインをリリースするタイミングが悪く、ワームが遠くへ飛んで行かない。スピニングタックルで、ペンデュラムキャストなる投げ方をしているが、まだまだ未熟である。

引いてくる途中、ウィードがほとんど感じられず、あまり釣れる気がしない。実際にあたりも来ない。飛距離を稼ぐため、また底を確実に取るために、ダウンショットに浮気しそうになったけれど、まずはワームを変えてみることにした。

ゲーリーヤマモトのヤマセンコー5インチに選手交代する。カラーもスモークペッパー&コパーフレークから、グリーンパンプキンペッパーへ。どうでもいいが、このカラー表記、知らない人が聞いたら、どんな色か全く想像できないに違いない。

移動しつつ、キャストを続ける。ウィードを感じた次の瞬間、ワームがグイグイ引っ張られた。しっかりとラインを巻いて、フッキング。大きくはないが、元気がある、結構暴れん坊であった。本日2匹目のバスをキャッチする。

3時間弱で2匹の水揚げは悪くないが、サイズがなかなかアップしない。
このエリアは、珍しく他の釣り人が釣っているのを目にするので、魚影は間違いなく濃いと思われる。もう少し通ってみる価値はありそうだ。
駐車料金430円を支払って、家路についた。

本日の結果。バイト2、キャッチ2。最大魚39㎝。

コメント