ついてたフィッシュで締め 2019年7月5日

2019年 7月
1,500g

時間7:00~17:00 天候:曇り 水温:24~25℃ 場所:木浜、名鉄、赤野井

<今日の課題>
木浜しばり

今日のエリアは木浜。
これまでほとんど結果の出ていないエリアで、もう少し可能性を広げたい。

木浜浚渫の北、水深2~3mのフラットで、水面まで顔を出しているウィードが点在しているエリアで釣りを開始。

風もなくローライト、トップの時間なのでバズベイトをキャストする。

バズベイトは最も釣れるトップウォーターだと思い込んでいるが、このところなかなか釣果につながらない。
抵抗が大きく飛距離が出ないことが欠点で、クリアアップしている状況に合っていないのだろうか。

微風だが、風に向かってキャストすると、やはり思ったように飛んで行かない。
いろいろなプロガイドの最近のブログを見ていると、トップでバシバシ釣れているようなことが書かれているが、こちらは全く反応が無い。

インサイドへ移動し、引き続きバズベイト、少し沈めてブレーデッドジグ、目先を変えてビッグベイトとキャストするが、何も起こらない。

沖目のウィードフラットへ。

水深3m程のウィードエッジへ、直リグをキャストしていると、ようやくグイグイ引っ張られる。

1,500g

ルアーはOSPのドライブクロー4in。
デカく見えたが、50㎝弱、重さも1,500gで意外と軽かった。

同じエリアをもう一回流してみたが、二度目は沈黙。

浚渫に移動し、壁際のウィードが生えている部分を重点的に直リグで攻めるも、バスは反応しない。

浚渫南側のフラットエリアへ。

ここから赤野井沖まで、水深2m程度のフラットに、エビモ風ウィードが点在している。
やや風が出て波立っているため、遠くからはウィードの場所が目視できない。

ノーシンカーワームを風下へロングキャストする。

今日はパワーフィネスのスピニングPEタックルにセットしてみた。
ゲーリーヤマモトのヤマセンコー5inが、はるかかなたまで飛んで行く。

ここで思い出す。
PEラインなので飛距離は出て強引なやり取りもできるのだが、風に弱い。
少しでも風でラインが流されると、糸ふけでコントロールが難しくなる。
そのため、風下へ真っ直ぐキャストするよう心掛ける。

ウィードの位置は不明だが、間違いなく引いてくる途中でウィードが感じられる。
バスがいれば、必ず喰いつくと思われるのだが、何も喰ってこない。
ボートも少なく、既に釣られた後だとも思えないのに、なぜが釣れない。

木浜エリアはそれ程広くもないので、木浜しばりは午前中までとする。
とりあえず1本獲れたが、やはり木浜は難解だ。

休憩後は、マリーナのある名鉄ワンドで、少しだけトップの時間。
ヒシ藻が点在しているエリアでバズベイトを引く。

朝は誰かしら攻めている人がいるポイントだ。
時間も経っているから釣れるかも知れないと思ったが、期待は外れる。

赤野井沖のウィードフラットへ。

水深3m程度の、ウィードが点在しているエリアでダウンショットをキャストする。
今日はダウンショットをベイトフィネスタックルにセットしている。

ドラッギングで流していると、何度かアタリがある。
しかし、乗らない。
いつもはパワーフィネスタックルでやっているので、やはり勝手が違う。
バイトをはじいてしまうのだろうか。

東風が強くなり、湖は荒れ模様に。
ドラッギングの許容スピードを超える勢いでボートが流される。

ミンコタウルトレックスを活用する。
スポットロックで一旦停止。
そのままオートパイロットのスイッチをオンに。
スピードを少し下げてプロペラをオンに。

こうすることで、風に流されつつ風に向かってモーターで逆らうので、流されるスピードを緩めることができる。

強風で赤野井沖からボートがいなくなる。
あまり動き回ってもどうかと思ったため、この後は、赤野井沖で広範囲にドラッギングをして過ごした。

すると、ある特定のエリアで何度もバイトがある。
フッキングミスを繰り返して、ようやくフックアップに成功する。

1,400g

ルアーはゲーリーヤマモトのヤマセンコー4in。
最後はリーダーがバスに絡みついた状態でランディング。

続いて小バスを掛けるもばらす。

終了時間が近くなり、最後の一投の前にリールのラインたるみを取るため、風下へロングキャストしてラインを巻き取る。
途中で重くなる。
ウィードが掛かったかな、グリグリ。
ラインが走る、ついてたフィッシュだ。

1,400g

ルアーは同じくヤマセンコー4in。
これなら、バイブレーションとかでも喰ったかもしれない。

<本日の結果>
バイトちょこちょこ、バラシ1、キャッチ3。最大魚1,500g。

<明日のために>
ノーシンカーワームをベイトフィネスタックルでやってみる。

コメント