”におの浜”で入れ食いになるも、雷のために撤退する 2018年8月31日

2018年8月31日2匹目のラージマウスバス 2018年 8月
8月31日 釣果2

時間 5:10~9:00 天候:曇りのち雨 気温:30度弱 場所:浜大津、におの浜(南湖西岸)

このブログを始めて1カ月が過ぎたが、アクセスは全く増えない。今のところ、ほぼ自分で確認している件数がアクセス数である。愚痴はこの程度にして本題へ。

本日も浜大津エリアを目指して出発する。4日連続となるが、シャロークランクの可能性をもう少し探ってみたい。

琵琶湖の浜大津エリア

浜大津エリア

風は若干の南西風で、斜め後ろからの追い風である。透明度はアオコの濁りで30㎝程度。先行者1名あり、駐車場の正面あたりから釣りを開始する。

ルアーは、前日までと変わり、ストライクキングのHC4S、1/2ozで潜行深度1.5mくらいである。アングラーズ堅田店で、バーゲン価格500円くらいで購入した。

ワイルドハンチSRと比べて、重量があるので飛距離は出る。引き感が重く、早引きはできず、早く引こうとするとバランスを崩すようである。より深く潜るためか、ウィードがしょっちゅう掛かり、外すのが大変である。

ルアーのせいか、バスのせいか、あたりはない。1時間ほど引き倒したが、最後は岸際の岩にスタックして殉職となった。アーメン、本日デビューであったのに…。

ワイルドハンチSRに選手交代する。岸際でバイトがあった気がしたが、乗らなかった。今日はシャロークランクの日ではないようだ。なかなか思い通りには行かない。

ヤマセンコー5インチのノーシンカーリグに選手交代し、じっくりと探る。あたりはなく、浜大津エリアは8時ごろで見切りを付けた。駐車料金430円である。

すぐ隣のにおの浜エリアへ移動する。“打出の森駐車場”へ車を停める。浜大津エリアとは目と鼻の先であるが、こちらはいつも釣り人が少ない。

琵琶湖の打出の森駐車場案内板

打出の森駐車場 案内板

琵琶湖文化館の横から釣りを開始する。引き続き、ヤマセンコー5インチのノーシンカーリグをキャストする。

水中のウィードを感じながら引いてくると、すぐに反応があった。リールを巻いてしっかりとフッキング、20㎝級のラージマウスバスをキャッチする。

近くへキャストを繰り返すと、再びラインが持っていかれた。今度は少し重たい。30㎝半ばのラージマウスバスをキャッチする。サイズを気にしなければ好調である。

続けて、またまたあたりが来た。ミスなくフッキングをする。なぜか、ずっと水面から顔を出して寄ってくる。20㎝級のラージマウスバスをキャッチする。サイズを気にしなければ絶好調である。

琵琶湖に来てから、初めての入れ食い状態となった。このままサイズアップを図ろうと思ったそのとき、雷が鳴った。先ほどからの小雨が、激しくなってくる。釣りの天敵、雷様には勝てないので、とりあえず車へ避難する。

しばらく待ったが、雷が近づいてくる。スマホで雨雲レーダーをチェックすると、強い雨雲がこちらへ迫ってくる予報となっている。雷が過ぎ去るのを待つ手もあるが、駐車料金との兼ね合いもあり、泣く泣く撤退を決意した。駐車料金210円を支払った。

豪雨のなか、車を運転して帰ったが、家に着くころには青空が広がっていた。

本日の結果。バイト3、キャッチ3。最大魚35㎝。

コメント