におの浜は釣り人で賑わっているが、みんな釣れていない 2018年12月1日

20181201 琵琶湖のにおの浜エリア 2018年12月
20181201 におの浜エリア

時間 6:40~9:15 天候:曇り時々晴れ 気温:10℃くらい(9時現在) 場所:におの浜(南湖西岸)

左手首痛のため、時間限定で勝負する場所として、におの浜エリアへ向かう。

日の出前に現地へ到着すると、既に護岸は釣り人で溢れている。そんなにも釣れるのだろうか。
観光船桟橋の向こう側まで歩いて、ようやく釣りをするスペースを見つける。

弱めの北西風が吹いていて、水質はクリアである。

岸際にはギルや小バスがたくさん泳いでいる。これは東岸では近頃見られない光景である。
デカバスの魚影も濃いということか、期待が高まる。

ルアーはもちろんバイブレーション、レイドジャパンのレベルバイブをキャストする。

沖へ遠投すると、カウントダウン7くらいで底に着く。かなり水深がある。
底の直前まで沈めて、ひたすら早巻きで引いてくる。
ウィードはほとんど生えていないのか、ルアーに掛かることはない。

岸際では丁寧に、根掛かりを避けつつ、バイトに備える。

釣り人の密度が高いため、あまり大きく移動はできないが、それでも少しずつ動きながらキャストを繰り返す。

1時間ほど引き倒したが、バイトもチェイスも無い。
ルアーをジャッカルのTN60フルタングステンにチェンジする。

しかし、バスの反応は見られない。
すると、岸際でガツンと嫌な感触がある。うげっ、まさか根掛かりか。
南無~。
TN60フルタングステンは一匹も掛けずに戦力外を通告された…。

選手交代、レイドジャパンのレベルバイブビッグの出番である。
ルアーのサイズをアップして、デカバスへアピールだ。

希望を捨てずに投げるも、沈黙が続く。

最後は、メタルバイブ、バークレーのDEX MV11gに望みを託す。
ただ巻きだけでなく、リフト&フォールも試したが、バスの食欲をそそることはなかった。

なお、早巻きをしている釣り人は、私くらいであった。
ロッドアクションから想像すると、リフト&フォールで探っている人が多いようである。
釣り人はたくさんいたが、バスが釣れている人は見かけなかった。

もちろん、みんな釣れていないから、自分も釣れなくていいなどとは思わない。

駐車時間が3時間を超えないうちに、駐車場から出て帰路に着いた。

今日の収穫。釣り人が多い≠たくさん釣れる場所(ハイシーズンの木浜エリアのようなもの)

本日の結果。ノーバイト、ノーフィッシュ。殉職1。

コメント