シャローに光が見えた 2019年4月28日

1,300gのラージマウスバス 2019年 4月
1,300g

時間 8:30~17:00 天候:曇り時々晴れ 水温:17℃ 場所:志那、4本柱

<今日の課題>
ベイトに絡むバスをI字系で採る。

ゴールデンウィーク、史上初の10連休が始まった。
昨日の連休初日は荒れ模様の天候で、ほとんどボートは出ていないと思われるため、実質今日が連休初日。
マリーナも盛況で、車を停める場所に苦労する。

志那沖の浚渫へ。
いつもは比較的ボートが少ない志那沖も、今日はたくさんボートが浮いている。

このところベイトが大量に浮いている、深いエリアを攻める。
ボトムはフリーリグとダウンショットを、中層はI字系をキャストする。

いつも投げているOSPのドライブスティックもI字系に分類されるとは思うが、今日は新戦力を準備した。
サイズやシルエットでよりマッチ・ザ・ベイトとなる、OSPのHPミノー3.1inである。

本当は3.7inが欲しかったのだが、売っていなかったため、3.1inで妥協した。
ジグヘッドはリューギのヴェスパ1/16oz、フックサイズ#3をセットする。

使ってみて、いきなり問題が生じる。
軽すぎて飛ばない。
10mも飛んでいないのではないか。

とりあえず、しばらく使ってみる。
なお、沈むスピードは、ドライブスティックに比べて速い。

釣りを開始して1時間、ようやくバスが反応する。
浚渫壁際にキャストしたフリーリグに喰いついた。

800gのラージマウスバス
800g

800gの小バスをキャッチする。
ヒットルアーはOSPのドライブビーバー、いわゆるホグ系で、これも今日の新戦力だ。

魚探にベイトフィッシュがかなり映っているが、I字系には反応が無い。
飛距離に難があるHPミノーから、ドライブスティックへ交換する。
さらに、Duoのレアリススピンベイトに替えてみる。

午前中は浚渫をやり続けたが、バスを追加することはできなかった。

午後は、4本柱沖のウィードフラットへ入る。

魚探にベイトの反応がほとんど無い。
すでに「I字系~」は諦めモードとなっている。
ミドストや、スプリットショットを投げて見る。

スプリットショットのドラッギングもやってみたが、ウィードフラットでバスの反応は無かった。

志那のシャローへ移動する。
シャローから一段深くなったエリアで2回目、3回目の産卵に待機しているバスを狙う。

魚探を掛けて、エリアを選ぶ。
水深2mから4mくらいに変化するブレイクラインの手前へボートを停める。

フリーリグでドライブビーバーをキャストする。
バスの反応を得るのにそれ程時間はかからなかった。

アベレージサイズのバスが掛かったが、ボート際でばれてしまう。(;_;)

同様の場所を攻めていくと、再び、ドライブビーバーにバスが喰いついた。

1,300gのラージマウスバス
1,300g

40㎝後半で1300g、長さはあるがガリガリのバスが上がって来た。
ひれがボロボロではないから、ネストの雄ではないと思う。
このあと産卵する雌とも思えない。アフタースポーンの雌なのか。

サイズは満足できないが、とりあえずバイトを得るパターンが見えた気がする。

<本日の結果>
バイト3、バラシ1、キャッチ2。最大魚1,300g。

<今日の収穫>
シャロー絡みのエリアに可能性が見えた。

コメント