スイムジグは水面上のウィードは苦手なのか 2018年11月6日

琵琶湖の浮御堂エリア 2018年11月
浮御堂エリア

時間 15:30~17:15 天候:晴れ 気温:20℃くらい 場所:浮御堂エリア(南湖西岸)

今日は夕方のみ、浮御堂エリアでの釣行となる。

水質は若干濁りが入っている。ウィードはまだまだ豊富に生えていて、沖にはカモの大群がぷかぷかと浮いている。

ベイトフィネスタックルで、軽めのスイムジグを試してみる。ジャクソンのバレッジスイマーAE3/16ozをキャストする。(トレーラーはケイテックのスイングインパクト4in)

水面上に予想以上にウィードが出ている。水面下のウィードはうまくかわしてくれるが、水面上のウィード、特に切れて浮かんでいるウィードは、ほぼ引っ掛かる。

ウィードが浮いていない辺りを狙ってキャストするも、途中で水面上のウィードを通過してしまう。

バイトが期待できるのは、着水してから次の水面上のウィードに掛かるまでである。

また、ルアーの飛距離にも不満がある。
最後のひと伸びがなく、おじぎをするように着水する。

どうも風の影響を受けているようだ。ほぼ体感できない程度の向かい風であっても、影響を受けてしまう。

ベイトフィネスの宿命なのか、リールのせいなのか。
そもそもベイトフィネスをほとんど理解していない身分なので、あまり道具に文句も言えない。

飛ばないなりに、キャストの精度を上げる努力をする。久し振りに、左手でもキャストをしてみる。

ちなみに、一時、左手の指に痺れが出ていたのだが、整形外科でリハビリを受けた結果、痺れはうそのようになくなった。

釣果としては、ほとんど書けることはない。
ギルっぽいアタリが1回来ただけである。
もう少し水面上のウィードが少なくなれば、少しは期待できるかもしれない。

今日の収穫。スイムジグは水面上のウィードは苦手なようである。

今日は猫も留守のようで、見当たらなかった。

本日の結果。ノーフィッシュ。ノーキャット。

 

コメント