場所を変えてみたら、バスが釣れた 2018年12月14日

2018年12月14日 1匹目のラージマウスバス 2018年12月
12月14日 1匹目

時間 15:00~16:30 天候:雨のち曇り 気温:5℃(15時現在) 場所:木浜(南湖東岸)

このところ結果が出ていないため、場所を変えてみる。
冷たい雨の中、木浜エリアへ向かっていると、途中で雨が上がり日も出てきた。

20181214 琵琶湖の木浜エリア

20181214 木浜エリア

この天気で、さすがにバサーも見当たらない。珍しく木浜を貸し切りである。

日が出ていたのは一瞬であった。
すぐに空が雲で覆われ、時折小雨がぱらつく。

北の風が弱く吹いている。水はそこそこクリアである。

駐車場前のウィードが豊富なエリアから釣りを開始する。
メタルバイブ、バークレーのDEX MV11gをキャストする。

水深は浅く、2秒ほどでルアーが着底する。
底を取らずに、着水後1秒ほど待ってリーリングする。
特にアクションは入れず、ただ巻きの早巻きで探って行く。

途中で、必ずといっていいくらい、ウィードが絡んでくる。
ウィードが絡むとバイトの可能性は無くなるが、上手くウィードをかわすとチャンスとなる。

しかし、ウィードエリアでは、バスの反応はない。

少しずつ南下しながら、キャストをつづける。
ウィードも徐々に少なくなっていく。

ウィードがほとんどルアーに掛からなくなったエリアで、待望のバイトがある。
キャストして半分くらい引いてきたその時、ゴゴンっと魚がルアーを咥えた。

左右に走る。バスっぽい動きだ。
今週初めてのバスである。慎重にやり取りをして、寄せる。
バスがしっかりとDEX MVを咥えている。

50には届かないが、40㎝後半のコンディションのいいバスをキャッチする。
この寒さの中、久し振りにバスを手にして、素直に嬉しい。

時合いかと期待して、2本目を狙ったが、その後は何も起こらなかった。

木浜の夕陽

木浜の夕陽

今日の収穫。場所を変えてみたら、早速結果が出た。しかし、明日も木浜がいいとは限らない。

本日の結果。キャッチ1。最大魚48㎝。

コメント