巨大魚を掛けたが逃げられた。幻の70か? 2018年11月21日

2018年11月21日 1匹目のラージマウスバス 2018年11月
11月21日 1匹目

時間 7:00~14:00 天候:晴れ 気温:13℃くらい 場所:志那、下物(南湖東岸)

今朝は冷え込みが厳しい。車の中で震えながら志那エリアへ向かう。

琵琶湖の志那エリア

志那エリア

現地へ到着すると、すでに熱心なバスアングラーが釣りをしている。
鯉のブッコミ竿はまだ本数が少なく、釣りができる場所は多い。

風はほとんどなく、水も濁りが取れている。

まずは比較的浅く、ウィードが豊富なエリアでブレーデッドジグを引く。
アクションがタイトなDスタイルのDブレードをキャストする。

雰囲気はいいのだが、さすがに冷え込みが厳しく喰わないようである。

同じ場所で、少しだけライトリグを。
OSPのドライブスティック4.5inをノーシンカーでキャストする。

やはり反応はない。

比較的深いエリアへ移動して、バイブレーションで探る。
レイドジャパンのレベルバイブをキャストする。

風がなく、良く飛んで行く。
底を取らないくらい沈めて早巻きをする。

石積み護岸を少しずつ移動しながら釣っていると、バスが出た。
ピックアップ直前に、魚体が現れて翻る。しかし、喰い損ねる。むむっ。

期待が高まる。この調子で投げていれば釣れるに違いない。

9時半を過ぎて、待望のバイトが。
やはり、ピックアップ直前である。

横からバスが現れて、レベルバイブをひったくる。
ナイスサイズだ。
ルアーを丸のみしているため、口の中には手を入れられない。

どこを掴むか考えた瞬間、ルアーが外れる!
しかし、岸際で岩の間に挟まったバスをすくい上げ、50upのバスをキャッチした。

その後、同じストレッチを軽くもう一流ししたが、反応がないため移動する。

下物エリア(水門の南側)へ到着。

琵琶湖の下物エリア その1

下物エリア その1

風が少し出てきたが、気にならない程度、水質はクリアである。
水深は志那より少し深い。

まずは、レベルバイブを引き倒すが、バスの反応はない。

同じエリアで、レベルバイブビッグにルアーをチェンジする。
風が無いと、ノーマルタイプと飛距離は余り変わらない。

ノーマルよりも深いレンジをトレースしているはずだが、こちらにも反応はない。

少し場所を変え、ルアーをメタルバイブにする。
バークレーのDEX MV11gをキャストする。

バイブレーションよりもタイトなアクションに期待したが、バスは出てこない。

最後に、下物エリアの水門北側へ移動する。

琵琶湖の下物エリア その2

下物エリア その2

ここはあまり広くはない。先行者が何人かいたため、空いている場所へ入る。
水が少し濁っている。

DEX MV11gの一投目。
キャストをすると、すぐに底に着く。かなり浅い。

グリグリ、ゴツン。げげっ、いきなり根掛かりか。
ゆっくりと引っ張ると動く。しかも横に動く⁉
魚である。

しかし滅茶苦茶重い。ものすごい引きである。
最初は右へ、次に左へ、そして沖へ走る。
少しドラグを緩めると、ラインがどんどん出ていく。

これがバスなら、70はあるのではなかろうか。
魚が寄ってくる気配はない。
引きに耐えていると、急に軽くなる。バレた。

遠くで掛け、魚体が見えなかったため、何の魚かは分からない。
普通に考えると巨鯉にスレで掛かった、といったところだろうか。
魚を見てみたかった。

その後、水門の辺りも探ったが、魚の反応はなく釣りを切り上げる。

今日の収穫。バイブレーション系ルアーは、岸際まできっちりと引くといいことがある。

本日の結果。バラシ1(幻の巨大魚)、キャッチ1。最大魚50㎝。

コメント