梅雨が明け、そしてバスが喰わなくなる 2021年7月18日

2021年7月

時間 6:00~16:00 天候:曇り時々晴れ 水温:26℃ 放水量:50㎥/s 場所:木浜、下物

<今日の課題>
ベイトを探してミドスト
なるべくベイトの多いエリアを選ぶことでバスのキャッチ数を伸ばしたい。

梅雨明けが発表された。
すっきりとは晴れずに、雲の多い朝となった。

木浜南の沖、ウィードフラットへ向かう。
東の弱風、水はクリア、水面下のウィードが良く見える。
ウェイクベイトにバスは反応しない。

ボディーウォーター寄りへ移動してミドストを始める。
程なくバイトがある。
引きは強くなく、小物の予感。

ボート下から水面へ、そしてジャンプ。
バレた。(-_-)
さすがに真下から上がってこられると対応が難しい。

40㎝くらいだったろうか。
まあこれからであると、この時点では余裕。

しかし、バイトは続かない。

木浜浚渫の沖、船団ができているエリアへ移動する。
他のエリアよりも、魚探にベイトの反応が多く出る。
ライブスコープでベイトを確認しながらミドストをする。

なかなかバスが喰わない。
ジグヘッドのウェイトを重くしたり、軽くしたりと工夫する。
それでも喰わない。

周りのボートでも釣れている様子はない。

下物沖のウィードフラットへ移動する。
ウィードエッジでミドストをする。
魚探に映るベイトは少ない。

バイトが無いため、ウィードの内側へ。
そして、バスが喰う。
ジャンプ、小さい。

うーん。
とりあえず1匹。

バイトは単発でふたたび我慢の時間。

ミニS字系を引いてみるもノーバイト。

お昼の休憩でプロガイドの人に話を聞くと、状況が変わったとのこと。
昨日釣れたパターンで釣れなくなったようだ。

風もあるから午後は巻いてみる。
下物浚渫へ向かう。
ハンプの上でスピナーベイトを引いたがノーバイト。

浚渫のアウトサイド下物沖のウィードフラットでスピナーベイトを巻く。
ノーバイト。

ウィードフラットでミニS字系。
ノーバイト。
小バスやギルのチェイスすら無い。

再びミドスト。
ノーバイト。

いやー厳しい、釣れない。

木浜北エリアへ移動する。
水深4~5m、浅くなるにつれてウィードが少しずつ増えて行くところ。

ダウンショットを投入。
ゴリゴリとウィードを感じる。
感じるのはウィードのみで、バイトは伝わってこない。

最後はミドスト。
ロッドを持つ指が痛い。
そのまま終了時間まで何も起こらなかった。

首の後ろが日焼けで痛い。
曇りで油断した。

<本日の結果>
バラシ1、キャッチ1(420g)。(>_<)

<考察>
梅雨明けとともに釣れなくなった。
ベイトがいてもバスが喰わない。
困った。

コメント