小バスの日 2020年9月16日

2020年9月

時間 6:30~16:30 天候:曇り 水温:26~27℃ 放水量:15㎥/s 場所:和邇、真野、木浜、下物、赤野井

<今日の課題>
引き続きI字系
釣れるまではI字系。

曇りで午後は雨の予報も出ている。
風は弱くI字系日和だろうか。
ロングTにパーカーを羽織って出発。

北湖、和邇エリアへむかう。
この前反応が良かった場所でつりを開始。
風は微風でほぼべた凪、I字系をキャストする。

新しく仕入れたジジル85を使う。
ジジル70にくらべて一回り大きく飛距離も出る。
背中に黄色い蛍光シールを貼ってみた。
遠くでもはっきりとルアーが確認できる。

何度かアタックがあるものの、喰いきらない。
小バスだろうか。

今日は極小の琵琶湖ムシが大量に沸いている。
日除けというよりも虫よけでネックゲーターを使用する。

しかし、デカバスのチェイスが見られない。
IWaverスローシンキングにチェンジし、少し沈めてみる。
おかしい、バスが沸いて来ない。

その後、真野エリアでもI字系を引いたが反応なし。
今日はI字系の日ではないのだろうか。

南湖へ戻り、木浜沖へ。
ウィードフラットの水深5m弱、北風に乗せてエッジ周辺から浅い方へ向かってボートを流す。
ジグヘッドリグのミドスト。
これまで1/16ozだったウェイトを1/32ozに変えてみた。

いきなり、ドラグが鳴る。
すぐに軽くなる。
あれっ、バスっぽかったけど、ウィード?

次のキャストでもドラグが鳴る。
今度は間違いなくバスだ。
上がって来たのは20㎝級の小バス。
ワームはOSPのHPミノー3.7in。
さっきのもバスだったに違いない。

エッジから遠くなるとバイトが途絶える。
エッジ周辺にボートを戻して流し直す。
ウィードに引っ掛かったルアーを外した直後、ヒット。
またまた20㎝級。

3匹目で若干サイズアップする。

しかし、このサイズ。
久し振りにバスが釣れて嬉しいけれど、狙っているのはこの子ではない。

バイトが遠のき、お昼もすぎたため休憩を入れる。

午後は下物沖へ向かう。
ウィードフラットで一応I字系を引いてみたが無反応。

赤野井ワンドへ移動する。
カナダ藻が育ってきたエリアでノーシンカーワームを投げる。
反応が無い。

そろそろ潮時かと思っていると、もぞもぞした感触が伝わってきた。
ドライブスティックファットを何かが喰っている。
糸ふけを取ってあわせたが重くならない。
しくじったかと思ったとき、ラインが走りドラグが鳴る。
待望の大人バス。
しかしバレた。
やはりあわせが不十分だったようだ。

その後バイトは続かず。
バスの数が少ないのか、あまり効率はよくない。

木浜浚渫へ移動する。
ベイトをチェックしようと思って来てみると、意外とボートが集まっている。
ある一箇所では船団になっている。
その場所には入れず、周辺を一通り魚探でチェックするも、ベイトはほとんどいない。
上空に鳥の姿も見られない。
ベイトが相当数集まっていれば、必ず鳥がいるはずだか。
ベイトが沈んでボトムべったりなのだろうか、ちょっと謎。

木浜沖へ移動。
昼前に小バスをキャッチした場所。
再びミドストで探る。

左手のミドスト、やはり難しい。
一定のリズムでロッドをシェイクできない。
疲労もたまってきているからか、乱れに乱れる。
右手のリーリングも不安定で、微妙な感覚とはほど遠い。

イメージトレーニングはしているのだが、そんな簡単にはいかない。
午前中に3本捕れたのはほぼまぐれか、小バスだから騙せたのか。

最後はI字系を引いてみたが、何も起こらなかった。

予報と違って雨は降らず曇天の一日。
どうにかバスをキャッチしたが小バスのみでスッキリとはいかず。

<本日の結果>
バラシ1、キャッチ3。最大魚520g。(・_・;)

<考察>
I字系は日によって反応が変わる。
まあ、反応が良くても釣れないのだが、あきらめず続けたい。

木浜沖はタイミグとエリア次第で、そこそこ釣れる気がする。

コメント