想定外のノーフィッシュ。明日も出撃か。 2018年10月5日

琵琶湖の志那エリア 2018年10月
志那エリア

時間 14:30~17:45 天候:曇り 気温:24℃くらい 場所:志那、下物(南湖東岸)

本日も午後からの釣行となる。志那エリアを目指す。

琵琶湖の志那エリア

志那エリア

曇りでローライト、東岸では追い風となる東風が吹いている。透明度は昨日とほぼ変わらず50㎝くらい。先行者が2、3名いる。

ブレーデッドジグとノーシンカーワーム、2つのタックルを持って、ポイントへ入る。ロッドを2本持ってウロウロするのは気が進まないが、ブレーデッドジグに期待が持てないことを考えると止むを得ない。

まずはブレーデッドジグで探り、その後ノーシンカーワームを流す作戦とする。水面下にはかなりウィードがあり、沖には水面まで伸びているウィードも点在している。エリアとしては期待が持てそうである。

追い風のため、ルアーが遠くまで飛んで行く。今日は修理したDスタイルのDブレードにイマカツのジャバシャッドISプラス3.5inをトレーラーに付けて投げる。相変わらずアタリがない。

ノーシンカーワームは、いつものOSPのドライブスティックファット4.5inだが、カラーをスプレイドグラスにしてみた。背中が紫、お腹がウォーターメロンで、ラメ入りのものだ。微妙なアタリがあるが、すぐに離してしまい何も起こらない。

ブレーデッドジグとノーシンカーワームをしばらく交互に投げ続ける。ブレーデッドジグは、いつも通り、何の反応もない。ノーシンカーワームも、微かなアタリがたまにあるだけで、反応は芳しくない。

下物エリアへ移動する。
何故か今日も、自称“祭り会場”で釣りをしている人がいる。このブログはほとんど訪問者がいないはずなのに、数少ない訪問者だろうか。今日は第一会場に釣り人がいるので、自分は第二会場へインする。

琵琶湖の下物エリア

下物エリア

透明度は志那エリア同様で50㎝くらい、風は弱い追い風が吹いている。
ここでも、Dブレードドライブスティックファットを交互に投げることにする。Dブレードで釣れないのは織り込み済みであるが、今日はドライブスティックファットにもほとんど反応がない。

私がインする前に、他の釣り人が叩いた後ということだろうか。
隣の第一会場では、先行者がバスを釣り上げている。それほどデカくはないことが救いである。

第二会場は不発に終わる。
第一会場には、また別の釣り人が立ち入っている。

第一会場を通り過ぎて、スペースはないが、やる気のあるバスがいるはずのポイントへ入る。
残された時間も少ないため、Dブレードはパスし、いきなりドライブスティックファットを投げる。2,3投したところで、アタリがあるが、すぐに離してしまう。ギルかもしれないが、バスだと思い込む。

ここでじっくり探ることにする。
アタリが何回かあるが、しっかりと喰いつかないため、あわせても乗らない。色が気に入らないから、すぐに吐き出すのだろうか。
信頼している色グリパンペッパーは、ヤマセンコー5inならある。しかし、ドライブスティックファットより飛ばないから、替えたくはない。

暗くなるまで粘ったが、結局バスを手にすることは出来なかった。
このままでは、今週を終われない。台風が近づいているが、明日の朝も挑戦することになりそうだ。

本日の結果。ノーフィッシュ。(微妙なアタリが数回)

コメント