釣れないことに慣れたくない 2019年4月15日

2019.4.15 下物沖 2019年 4月
2019.4.15 下物沖

時間 7:30~16:30 天候:晴れ 水温:12~13℃ 場所:4本柱、木浜、下物

今日も強風予報が出ている。
朝のうちの風が弱い時間に、なんとかバスの顔を拝みたい。

4本柱沖のウィードフラットにボートを停める。

まずはジグヘッドリグのミドストで探る。
ボートポジションを風下、風上と動かして違う方向へルアーを引いてみたが、バスは反応しない。

続いて、スプリットショットをキャストし、ボートを風に流しながら広く探るも、反応無し。

木浜沖へ移動する。

前にバスをキャッチした沖のフラットをやってみる。
釣れた時は魚探にウィードの反応があったのだが、その後いい反応が出なくなり、バスも反応しなくなった場所である。

ミドストで探る。
ベイトはちらほら魚探に映るが、やはりバスの反応は無い。

すでに風はかなり強くなってきた。
木浜の浚渫をやってみる。

浚渫のショルダーを中心に、アップヒルそしてダウンヒルと、ダウンショットでずりずり探って行く。
魚探には魚らしき反応が映るのだが、ワームに喰いつくバスはいない。

再び木浜沖のフラットへ。
魚探にウィードがしっかりと反応するエリアで、ミドストする。

少しずつ移動しながら、キャストしていると、ロッドが重くなった。
あわせると、一瞬ロッドがしなって元に戻る。
フックアップせず。(*_*;

ルアーを回収すると、ワームがジグヘッドからずれていた。
すぐにセットし直す。
もう一度喰ってくる可能性がある。

すると、突風が吹いてきて、風向きも変わる。
同じところにキャストできず、そのバスが再びルアーを喰うことは無かった。

しばらく同じウィードフラットを流してみたが、その後は何も起こらなかった。

下物の浚渫エリアへ移動する。

最近、浚渫で魚を釣っていない。
人が多くてこのエリアは敬遠気味ではあるが、魚のストックは多いと思われる。
今日は久し振りに粘ってみる。

巻物は封印しているので、ダウンショットで、ねちねちと探る。
風が強く、アタリが来ても果たして分かるのだろうか。

途中、何回かむむっと来る感触はあったが、それ以上ルアーを引っ張ることは無く、結局アタリか判断できなかった。
そのまま時間切れとなる。

今度の日曜日に、マリーナのトーナメントが開催される。
3本リミットのようだが、このままでは全く揃えられる気がしない。

<本日の結果>
バイト1、ノーフィッシュ。

<明日のために>
釣れないことに慣れないようにしたい。

コメント