集魚力 2019年10月10日

2019年10月
デュオ スピンベイト80シャロー

時間 7:30~16:30 天候:晴れのち曇り 水温:21~23℃ 放水量:15㎥/s 場所:下物、雄琴、志那

<今日の課題>
ブレーデッドジグ
前回消化不良となってしまったため、再度挑戦する。

下物浚渫、一番北側のブレイクへ向かう。

風は微風、朝なのでウェイクベイトをキャストする。
2度ほどバイトがあるもミスバイトで乗らない。
ウェイクベイトの難点はミスバイトが多いこと。

浚渫のブレイクやハンプをブレーデッドジグで探る。
水がクリアで、ルアーが泳いでくる様子がはっきりと見える。
小バスが何回か小突いたが、バスはキャッチできない。

ハンプの壁にネコリグを落としてみるも、反応が無い。

下物沖のウィードフラットへ移動する。

ブレーデッドジグをキャストする。
ウィードの穴からバスが出てくる気配は無く、何も起こらない。
困ったときのブレーデッドジグはどこへいったのか。
課題達成ならず。

デュオのスピンベイト80シャローをキャストしてみると、すぐに小バスが喰った。
スピンベイトには、どこからともなく小バスが群がってくる。
凄まじい集魚力だ。

デュオ スピンベイト80シャロー

何匹か小バスをキャッチしてから、他のスピンベイトやI字系を試してみる。
他のルアーでは、なかなかバスをキャッチできない。

すると、本日の藻刈りが終了したようで、漁船軍団が続々とやってくる。
ボートが浮いていない、ボディーウォーターを通って帰ればいいものを、なぜか近くを通って大きな引き波を立てて行く。
どう考えてもわざととしか思えない。
藻刈りという政策もどうかと思うが、残念な人達である。
仲良くなれそうにはない。

場が荒れて、小バスも反応しなくなる。

休憩後、雄琴エリアへ向かう。

岬周辺でウェイクベイトとスピンベイトをキャストしたが、チェイスも無くバスはキャッチできず。

下物沖のウィードフラットへ移動する。

ウィードブレイクに沿って、南北にボートを流したい。
しかし、北東の風が吹いていて操船に苦労する。
デカバスのバイトを期待してスイムジグをキャストするも、何も起こらず時間だけ過ぎて行く。

曇りでローライトとなったので、志那沖のウィードフラットでウェイクベイトを投げてみる。
ウェイクベイトは以外と引き抵抗があり、手首に負担がかかる。
このところ、夕方近くなると右手首が痛くなっていたが、今日も痛い。

ウェイクベイトをあきらめ、負担の軽いスピンベイトにする。
ようやく、30㎝級がヒットする。
取り込もうとして手を伸ばしたが、魚が小さすぎて掴むところがない。
抜き上げればいいのに、迷っていたら暴れて逃げられる。

その後は小バスを少々追加して終了。

<本日の結果>
小バスを少し。

<明日のために>
手首のケア。

コメント