3M ねじゆるみ止め用嫌気性接着剤

ウェアー、小物、他

3M社製の『ねじゆるみ止め用嫌気性接着剤』、いわゆるネジ止め剤のレビューです。

ネジ止め剤とは

ネジは振動があると緩みやすくなります。

振動を発生する機械や乗り物などの、ネジの緩みを防止するためにネジ止め剤が使用されます。

バスボートも常に振動にさらされているので、あちこちのネジが緩む危険性があります。
エレクトリックモーターのマウントを固定しているネジが、しならいうちに抜け落ちていたことがありました。(汗)

基本は定期的なチェックと増し締めですが、予防としてネジ止め剤を使用するのも一つの方法です。

3M ねじゆるみ止め用嫌気性接着剤

金属製のネジを固定するためのネジ止め剤です。
強度と粘度で、いろいろなバリエーションがラインアップされています。

今回は、中強度・高粘度TL43Jという製品を購入しました。

3M ねじゆるみ止め用嫌気性接着剤 TL43J

ちなみに、高強度は永久固定用とうたわれているので、基本的に二度と外す可能性のないネジに使用します。
どうしても外したい場合は、バーナーなどで加熱すれば外せないこともないようですが。

人体に有害な成分のため、屋内での使用は避けて、体に付いた場合はすぐに洗い落としましょう。

使用前の注意

キャップを開けてもすぐには使えません。

ノズルの先端をハサミで切り落とす必要があります。
接着剤が有害なので、何か特別な開け方があるのかと思いましたが、パッケージには何も記載がありません。

購入直後のノズル

先端の透明な部分をほんの少し切り落とせばOKです。
ノズルが青くなって見えるのは、接着剤の色です。

使用感

バスボートのリヤデッキシート、高さ調整レバーを固定するネジに使用しました。

リアデッキシートの高さ調整レバー

写真赤丸部分がネジで固定されています。
このネジがバカになり、ねじ込んでも最後に空回りしていました。
(「バカになる」という表現、好ましくないのでしょうが、分かりやすいので使います)

特殊な形状のネジで、ボートディーラーに相談してもネジだけの交換はできませんでした。
走行中にネジが外れて、シートレバーがどこかに飛んで行ってしまう恐れがあります。

シートレバーのネジ

ネジの先端にネジ止め剤を少し塗ってからねじ込みます。
高粘度タイプだけに、ネジ山に塗っても全くたれません。
一日経過してから指で捻ってみると、それまで空回りしていたネジが回らなくなりました。

本来は、きちんと機能しているネジを固定するための物で、果たして今回の用途にふさわしいのか疑問があります。
耐久性もまだ分かりませんが、とりあえず固定はできたので、しばらく様子をみようと思います。

<2020年10月12日追記>
一日ボートで走り周った後で、ネジを触ってみると簡単に指で回ってしまいました。
やはり、ちゃんと機能しているネジに使用すべきもののようです。

コメント