現在画像表示に一部不具合が出ています。近日中に修正予定なのでご了承ください。

大荒れで撤収 2019年6月21日

2019年 6月

時間 7:00~14:00 天候:晴れのち曇り 水温:24℃ 場所:赤野井、下物

<今日の課題>
ブレーデッドジグ

このところ、浚渫ハンプのエビモ風ウィードにスピナーベイトを投げるとたまに釣れる。
ブレーデッドジグをウィードの上に通せば、もう少し釣れる気がする。

課題とは違うが、朝は赤野井沖のウィードフラットエリアへ。

昨日釣れなかった場所。
ウィードの状態が良さそうなので、もう一度試してみる。
ダウンショットで、ボトムを引きずっていると、バスがグイグイと引っ張った。

1,200g

ルアーはゲーリーヤマモトのヤマセンコー4in。
開始早々の一匹。
最近にない出来事に期待が高まる。

しかし、バイトは続かない。

下物浚渫へ移動。

課題のブレーデッドジグをキャストする。

スピナーベイトよりも浮き上がりがいいため、あまりウィードを感じられない。
少し沈めて、ゆっくりと巻くようにする。

ウィードを視認できればいいのだが、もう少し伸びないと見えないのか。
地形変化でウィードがありそうな辺りにキャストする。

ひたすらブレーデッドジグを巻いたが、反応が無い。
スピナーベイトより釣れると見込んだのは間違いだったのか。

ルアーをフリーリグにチェンジしてスローな展開に。
ウィードに絡めながら釣っていると、ワームが引っ張られた。
あわせたがすっぽ抜ける。

午後は、朝のエリア赤野井沖に入り直す。

ドラッギングで流してみたが反応無し。

遠くで雷が鳴っている音が聞こえる。
スマホをチェックすると、まだ遠いようなので釣りを続ける。

下物浚渫へ。

スピナーベイトをキャストし始めると、風向きが急に変わり強くなる。
あっという間に白波が立ち、湖面は大荒れに。

周りのボートが次々といなくなり、自分も撤収することに。

途中、波をザバザバとかぶりずぶ濡れ、変更グラスに水滴が付いて前が良く見えなくなる。

もちろん、防水のウェアーやゴーグルは準備してあるのだが、戻るだけということで油断した。
持っているだけでは何の役にも立たない。

帰りに、セールが始まった釣具屋へ寄る。
目的の品物(シマノカルカッタコンクエストDC201)はセール対象外だった。
スピナーベイトとダウンショットのシンカーを購入した。

<本日の結果>
バイト2、キャッチ1。最大魚1,200g。

<明日のために>
持ち物はきちんと活用しよう。

コメント