雨パワーかな? 2020年4月20日

2020年4月

時間 7:30~17:00 天候:雨のち曇り時々雨 水温:13~14℃ 放水量:120㎥/s 場所:木浜、赤野井、下物

<今日の課題>
ミドストとスピンベイト
ミドストで釣れるならスピンベイトでも釣れる気がする。

雨が本降り。
早朝は強風の予報が出ていたが、湖面を見る限りそうでもなさそうである。

バウの魚探、どうやらトランスデューサーの配線が断線している模様。
当面は、ネットワークを使って、トランサムのトランスデューサーのデータを表示することにした。

木浜沖へ向かう。
雨、北の弱風、水温13.1℃、水はクリア、水深4.3mのハードボトムフラット。
いつものエリアだが、雨による増水で少し深くなっている。

ジグヘッドリグのミドストはリズムが今一つ。
ロッドを振るピッチをいろいろ変えてみるもノーバイト。
スピンベイトも引いてみたが反応無し。

赤野井沖へ移動する。
雨、北の弱風、水温13.2℃、水はクリア、水深3.3mのフラットにウィードがほんの少し。
ミドストでノーバイト。

もう少し深いエリアへ。
雨、北の弱風、水温13.2℃、水はクリア、水深3.6mのウィードフラット。
ミドストでノーバイト。

雨が強まったり、弱まったり、なかなか止まない。

下物沖へ移動する。
雨、東の弱風、水温13.4℃、水はクリア、水深3.8mのウィードフラット。
11時近くになり雨がようやくあがったころ、ミドストに今日のファーストバイトがある。

その近くでもう一匹。

1,800g

風向きが北に変わるとミドストからバイトが途絶える。
スピンベイトを引いてみたがノーバイト。
もう少し時間を掛ければ結果が出るのかもしれないが、単調なのですぐに飽きてしまう。

下物浚渫のアウトサイドへ移動する。
曇り、無風、水温13.6℃、水はクリア、水深3.5mのハードボトムフラット。
ミドストにノーバイト。

下物浚渫へ移動する。
時折パラパラと雨が降る中、ハンプの壁をアップヒルに探る。
北東の弱風、水温は13.8~14.0℃、水はほぼクリア、水深3~6m。

直リグを引いていると、前触れなくティップが入り、慌ててあわせる。
ストロークを取れず、ミスったかと思ったがしっかりフッキングしていた。

1,600g

ルアーはOSPのドライブクロー4in、シンカーは1/4oz。

壁をランガンしていると、もう一匹。
今度はきっちりとあわせを決める。

2,100g

ややサイズアップして久し振りの50。

もう一本追加して、合計5本といきたいところだったが、タイムアップ。
朝は本降りの雨、その後も降ったり止んだりで、帰着時には指が真っ白くふやけていた。

荒れる予報が出ていたからか、緊急事態宣言のせいか、今日はボートが少ない日だった。

<本日の結果>
キャッチ4、最大魚2,100g。

<考察>
ミドストはリズムなのかタイミングなのか、もう一つ良く分からない。
スピンベイトはすぐには結果が出なかった。
下物浚渫の反応が良かったのは雨パワーのせいだろうか。
単純にボートが少なく、プレッシャーが軽かったからのような気がしなくもない。

 

コメント