DEX MV(11g)で今年の初バスをゲットする 2019年1月11日

2019年1月11日 1匹目のラージマウスバス 2019年 1月
1月11日 1匹目

時間 11:30~16:45 天候:曇り 最高気温:9℃ 場所:におの浜(南湖西岸)、北山田、志那(南湖東岸)

年末から年始にかけてバスを見失っている。
人が多くあまり好きではないが、冬の定番スポットと呼ばれている、におの浜エリアへ向かう。

時間短縮のため、雄琴インターチェンジから湖西道路へ。
入り口のカーブが想定外にきつく、横Gでトランクの荷物が崩れる音がする。

もちろんロッドを積んでいる。
間違いなく、何かがロッドに当たる音であった。
I have a bad feeling about this.

後ろを見ると、電源リールが転がって、ロッド3本の上に乗っている。
ゲロゲロ。まさか3本とも折れていないよね。

におの浜の駐車場へ到着して確認すると、有難いことに無事であった。
バスボート運用のため、いろいろと荷物が多くなる。気を付けたい。

駐車場前の護岸では、やはり何人ものバサーが並んで釣りをしている。
少し歩いて、人のいない場所へインする。

20190111 琵琶湖のにおの浜エリア
20190111 におの浜エリア

弱い向かい風で、透明度は高い。
ルアーはメタルバイブだが、比較的水深のあるエリアなので、バークレーのDEX MV14gをキャストする。

底まで沈めても、枯れたウィードが掛かることはほどんどない。
レスポンスは11gに劣るが、飛距離も稼げて、このエリアに適したサイズかもしれない。

スローなただ巻きと、リフト&フォールを交互にやってみる。
少しずつ移動しながら探って行くが、何も起こらない。

サイズを変えてみる。
新兵器、ⅮEX MV8gにチェンジする。

ムムっ。想定はしていたが、軽くて飛ばない。
ベイトフィネスタックルだが、陸っぱりの実用距離が出ていない気がする。
レスポンスと抜け感はいいので、使用するならスピニングタックルだろうか。

しばらく投げてみたが、やはりバイトは無かった。

におの浜で2時間弱費やしたが、結果が出ない。
このエリアには、入れ替わり立ち代わり人が入っている。
フィッシングプレッシャーの高さを考えると、朝一しかチャンスは無いのかもしれない。

北山田エリアへ移動する。

20190111 琵琶湖の北山田エリア
20190111 北山田エリア

北山田漁港南側のポイントにインする。
北風でラインが少し流されるが、ほぼ問題はない。
透明度は比較的クリアである。

投げるルアーは、DEX MV11g。
南湖東岸で使用するなら、これがベストサイズではないだろうか。

スローなただ巻きで探っていく。
雰囲気はあるのだが、バスの反応はない。

そして地球が釣れる。アーメン。
新しく仕入れて、今日下ろしたばかりなのに。(/_;)

悪運を落とすために、志那エリアへ移動する。

20190111 琵琶湖の志那エリア
20190111 志那エリア

やや風が出てきた。
透明度はそこそこ高い。

懲りずにDEX MV11gをキャストする。
スローなただ巻きで岸際まで引いてきたとき、バスが現れる。
DEX MVを咥えている。

キターッ!
アタリは良く分からなかったが、バスが掛かった。
あまり暴れることもなくキャッチする。

水揚げすると、暴れ出した。
痩せているので小さく見えたが、40㎝後半のまあまあなサイズであった。

ようやく今年の初バスをゲットする。
このままずっと釣れないかもと思っていたので、ほっとした。

その後、もう一回バイトがあるも、一瞬でバレてしまった。

今日の収穫。ⅮEX MV8gは、ベイトタックルで使用するには軽すぎる。

本日の結果。バイト2、キャッチ1。殉職1名。

コメント