タックルレビュー シマノ エクスプライド165ML+ (2017モデル)

タックル
シマノ エクスプライド165ML+

シマノのロッド、『エクスプライド165ML+』のレビューです。

まずはスペックから
 長さ:6ft5in(1.96m)
 重さ:105g
 ルアー重量:5~21g
 ライン:7~14lb
 テーパー:レギュラーファースト
 素材:カーボン92.3%
 継数:1
 購入価格:18,165円(税込)

ジャークベイトスペシャルロッドです。
アクション、ブランク、長さ、グリップなどジャークアクションを効率よく操作するために設計されています。

長さ
短からず、長からず。
ジャークのストローク長や取り回し易さを考えた長さです。

重さ
非常に軽く仕上がっています。
軽いリールと組み合わせることで、ジャークアクションの手首への負担を軽減できます。

反発力
カーボンに少量のグラスをコンポジットすることで、反発力を抑えて粘りを出しています。
レギュラーファーストアクションと相まって、ロッド操作を程よく吸収して、優しいジャークアクションが可能となります。
ルアーの重みを感じる程度に軽くロッドをあおることで、テンポ良くジャークを繰り返すことができます。

操作性
一般的なロッドよりもグリップが短くなっています。
ジャークしたときにグリップエンドが肘に引っ掛からず、操作性が格段に向上しています。

上:エクスプライド 165ML+
下:エクスプライド 170M‐G

感度
ジャークベイトやトップウォータープラグで使用するので、あまり感度は気にしていません。
張らず緩めずのラインテンションを保つことで、ジャークベイトのポーズ時のバイトを捉えられます。

喰わせ
トップウォーターであわせが遅れたかなと思っても、バスをはじくことなくフックアップできました。
優しくジャークすることで、ジャークした瞬間のバイトも上手く拾えます。

パワー
デカバスを強引に寄せるパワーはありません。
やや柔らかい感じがありますが、ヘビーカバーで使うロッドではないので、バスの引きを吸収し、ウィードに潜られないようにコントロールすることは可能です。

総合評価
私はこのロッドを、ナイロンの15lbラインを巻いたシマノのリール、メタニウムMGL XG LEFT(175g)と組み合わせて使っています。
ラインはもう少し細くてもいいと思います。
このタックルで6g程度のシャッドも、風下であればキャストできます。
軽さ、長さ、テーパー、アクション、グリップとジャークベイトには欠かせないタックルです。
用途は限定されますが、トップウォーターと兼用のジャークベイトロッドとして、かなり完成度の高い製品だと思います。

コメント