タックルレビュー シマノ エクスプライド172ML+-BFS(2017モデル)

シマノのロッド、エクスプライド172ML+-BFS ロッド
シマノ エクスプライド172ML+-BFS

シマノのロッド、『エクスプライド172ML+-BFS』のレビューです。

まずはスペックから
長さ:7ft2in(2.18m)
重さ:122g
ルアー重量:4~18g
ライン:7~14lb
テーパー:エキストラファースト
素材:カーボン(カーボン含有率98.5%)
継数:2(グリップジョイント)
購入価格:20,265円(税込)

ミディアムライトパワーのベイトフィネスロッド。ベイトフィネスのなかでも比較的パワーのあるタイプで、繊細なティップと、カバーからバスを引きずり出すバットパワーを持ち合わせています。

重さ
めちゃくちゃ軽くはありませんが、ロングロッドであることを考えると、重くはないと思います。グリップのバランスも悪くありません。

反発力
エキストラファーストテーパーなので、負荷がかかるとティップだけ入ります。キャストは軽くティップに乗せる感覚です。
ただし、フィネスといってもティップがペナペナではありません。

投げやすいウェイトは10g前後でしょうか。ロッドを軽く振るだけで、気持ちよくルーアーが飛んで行きます。

5gくらいのルアーには、ティップが少し硬すぎる気がします。

操作性
ロングロッドのため、シェイクなどの細かい操作は苦手です。ロングキャストが必要なフィールドや、ロッドワークでルアーを大きく動かしたい場合などに適しています。

一般的なフィネスロッドとは、少し性格が異なります。

感度
軽い巻物に使用する際には、カバーとのコンタクトや、ルアーがウィードを拾っているか、などを把握するのに十分高感度なロッドです。

ただし、ネコリグなどの打ち物にはほとんど使用していないため、ペンディングとします。

喰わせ
巻物の場合、ソフトなティップでバイトを適度に吸収してくれます。ピックアップ直前のバイトにも対応できたので、悪くはありません。

パワー
ティップはソフトですが、バットには十分にパワーがあります。

軽いスイムベイトを遠投して、オフセットフックでのフッキングも可能です。
バスを寄せるパワーも不足はありません。50くらいのバスであれば、全く問題なく寄ってきます。

総合評価
そもそも、琵琶湖の陸っぱりでベイトフィネスが活躍する場面はそれほどありません。

今のところ、スタッガーオリジナルなどの軽いスイムベイトや、軽い巻物を投げるときに使用しています。少なくとも、その範囲では、キャスト、感度、喰わせ、パワーともに不満はありません。

本来は、ボートフィッシングのタフな状況で、ネコリグ等を使うために購入しました。
そのあたりのレビューについては、バスボート納艇後に改めてお伝えいたします。

2019年1月15日追記
冬場のメタルバイブレーション(11g)をキャストする、メインロッドとして使用中です。
遠投してのただ巻き用として、重宝しています。
80upの鯉もキャッチしているので、パワーも十分です。

コメント