濁り、強風、クランクベイト? 2021年3月23日

2021年3月

時間 7:45~16:30 天候:晴れ 水温:10~12℃ 放水量:100㎥/s 場所:山ノ下、木浜、下物、名鉄

<今日の課題>
濁りで巻物
先日の雨で濁りが入っていたら巻いてみたい。

朝はまあまあ寒い。
日中は暖かくなりそうな予報が出ている。

とりあえずミドストをする。
山ノ下ワンド沖へ向かう。
東の微風、水温10℃台、濁りが入って透明度は1mくらい。
水深5mの”ごはんですよ”フラット。

予想どおり濁りが入っている。
開始2投目でさっそく反応がある。
いいサイズのバスが上がって来た。

写真がちょっとはみ出ている。
本日の1匹目は、プリの雌50up。

2匹目が喰わない。
ミドストしながらも気持ちは巻物。
あまり集中できていない。

4本柱の南、下物沖のウィードフラットへ移動する。
北東の風、水温10℃台、濁りが少し入って透明度1~2mくらい。
ウィードフラットを横切るように流しながらクランクベイトを巻く。

水深4m強のウィードフラットで巻くもノーバイト。
その東側の水深4m弱のウィードフラットで巻くもノーバイト。
二つのウィードフラットの間、ウィードパッチ的なエリアで巻くもノーバイト。

濁りが入って期待したが、全くの不発。

木浜南の沖へ移動する。
南の風、水温10℃台、透明度はほぼクリア。
ウィードフラットでミドストをする。

いい天気だが風が強くて結構寒い。
今日は穏やかなはずではなかったのか。

ロッドが時々重くなりバイトかとドキドキするも、全てウィード。

お昼休憩ではボートのストレージを開けて、一昨日の雨の湿気を乾かす。

マリーナ前のワンドに濁りが入っているから、シャローでジャークベイトを引いてみる。
水温は12℃台。
ノーバイト。

名鉄沖のウィードパッチをやってみる。
北の強風、水温11℃台、透明度はクリア。
ミドストをしたら、風と放水でリグが流されてボトムが取れない。
目一杯沈めてみたが、ノー感じのため諦める。

もう一度巻いてみることに。
下物沖のウィードフラットへ移動する。
午前中よりも南のエリア。

チャネルに近い側、水深4m強のエリアでクランクベイトを投げる。
ホワイト系からクローム系に色を変えてみる。
巻き倒したが、何も起こらない。

風が収まった一瞬でミドストをしてみるも反応無し。

北風が南風に変わる。

下物浚渫へ移動する。
壁にフリーリグを落としてみる。
南の強風、水温11℃台、透明度クリア。

強風でラインがあおられ、ウィードに掛かったのが微妙に引っ張られる気がする。
紛らわしい。

フリーリグにも反応は無かった。

今日の釣りは朝の2投で詰んでいた。

予想外の強風に翻弄される。
帰投すると、マリーナ前のワンドも波ザッパーン。
ボートのランディングでうまくトレーラーに乗せられず、やり直すはめに。

<本日の結果>
キャッチ1。2,460g。

<考察>
濁りと風があるも、クランクベイトは不発。
そんなに単純ではないのである。

コメント