釣れなさすぎ 2019年11月12日

2019年11月
マリーナから4本柱を望む

時間 8:15~16:00 天候:曇り時々晴れ 水温:16℃ 放水量:15㎥/s 場所:4本柱、志那、木浜、赤野井

<本日の課題>
ボディーウォーター周辺で、ベイトを探してみる。

今朝は曇りで風は弱い。
4本柱の南、ボディーウォーターの東側ウィードエリアへ向かう。

釣りを始める前に、時間を掛けて魚探で状況を確認する。
ウィードの状態と、ベイトフィッシュをチェックする。

水深4m前後にボディーウォータに沿ってウィードが生えている。
ベイトは確認できない。

北風にボートを流しながら探って行く。

まずは、ディープクランクをキャストする。
ウィードに絡め、外れた時のリアクションに期待するが、反応は無い。

続いて、スイムジグ。
こちらもウィードにコンタクトさせながら引いてくる。
やる気のあるバスがいれば、ゴンゴンとバイトがあるはずだが、何も喰ってはこない。

同じエリアを、スプリットショットでドラッギングしてみる。
ベイトがいないからなのか、やはり何も起こらない。

時々陽は出るが、風が冷たい。
日除けではなく、防寒用のネックゲーターを着用した。
首からの冷気を防ぐだけで、だいぶ寒さが和らぐ。

下物浚渫の志那エリアへ移動する。

水深7,8mの深い浚渫を選ぶ。
魚探を掛けるが、ここもベイトらしき反応は出ない。

壁にフリーリグを落としてみるが、ウィード以外の反応は感じられない。

冒頭の写真は、休憩時にボートハウスラッシュから、4本柱を見た景色である。
秋晴れの爽やかな風景が広がっているが、バスが釣れず、こころはそんなに清々しくはない。

午後からは、木浜へ向かう。

浚渫の壁、深い方へポジションし、浅い方にフリーリグをキャストする。

かべに沿って移動しながら探っていると、ようやく今日最初のバイトがある。
リールを巻いてラインスラックを取るも、ロッドにバスの重みが乗らない、ショートバイトだ。

可能性を感じたが、バイトはその1回だけだった。

木浜浚渫から続く、赤野井沖のウィードフラットへ移動する。
スプリットショットをキャストしてみたが、一度小バスがチェイスしてきただけであった。

最後は、赤野井ワンドへ。
スプリットショットで時間一杯探るも、ノーバイトに終わる。

琵琶湖釣れなさすぎである。
北湖へ行けばまた違うのかもしれないが、今のところ北湖へ行くつもりはない。

このあと、バスボートはディーラーで点検を受ける。
エンジン稼働100時間毎の、オイル交換や定期点検である。
エンジンが掛かりにくい問題が頻発していて、その原因も調べてもらう。
また、ヘディングセンサーのバウへの追加も依頼している。

ボートが戻ってくるまで、しばらく釣りはお休みだ。
タックルの手入れでもして、釣行再開に備えたい。

<本日の結果>
バイト1、ノーフィッシュ。

<明日のために>
今の自分の知識、技術を総動員してもバスは釣れない。
この際、特定のルアーにこだわって、その釣り方に磨きをかける努力をしてみたい。

コメント