はじめてのトーナメント 2019年4月21日

RUSHオーナーズトーナメント第1戦 表彰式2019年 4月
RUSHオーナーズトーナメント第1戦 表彰式

時間 7:25~13:30 天候:晴れ 水温:14~15℃ 場所:下物、4本柱、木浜

本日はマリーナのトーナメントに参加する。
人生初めてのトーナメントであり、自信は全く無い。
エリアは琵琶湖全域、キーパーサイズ無しで、3匹の総重量で順位が決まる。

バスボート50艇、総勢90名程が参加している。
開始前のマリーナ前ワンドには、多くのバスボートが浮かぶ。
ボートが多いため、スタートは7:25と7:30の2回に分けて行われた。

まずは、下物沖のウィードフラットへ向かう。
前日にバスをキャッチしたポイントには、先行者がいて入れない。
すぐ隣のエリアで釣りを開始する。

釣り方はジグヘッドリグのミドストと決めている。
最初のエリアでは反応が無く、次のウィードフラットへ移動する。

同じエリアで粘らずに、反応が無ければ速やかに移動をする。
幾つかのウィードフラットを周ったが、バイトは無い。

浚渫絡みのウィードのエリアへ入る。
2か所目のスポットで、ようやくファーストバイトがある。

40㎝くらいで大きくないが、とりあえず1匹キャッチする。
時間は9時半、まだこれからだ。

同じポイントでしばらく粘ったが、バイトは続かない。

4本柱沖のウィードフラットへ移動する。
引き続き、ミドストで探るもバスは反応しない。
途中、ヨットの大会か何かで、ヨットが密集していて入れないエリアもあった。

その後、木浜沖のウィードフラットをやるも、何も起こらない。

シャローをやるため、下物のインサイドへ。
しばらくノーシンカーワームをキャストしたが、アタリは無い。

このあたりで時間は12時となる。

浚渫のハンプで、クランクを巻いてみる。
大き目のハンプを2回流してみたが、これも反応が無い。

沖へ移動し、バスをキャッチしたエリアへ入り直す。
ミドストで攻めるもバスを追加できず。

最後はマリーナ近くのウィードフラットをやって、帰着した。
予想はしていたが、結果は惨憺たるものとなった。
せめてリミットは釣れるようにしたい。

ウェイインでは、琵琶湖らしいデカバスが何匹も持ち込まれていた。
優勝ウェイトは、3匹で9キロ‼。
スポーニングでシャローに上がったバスを、サイトフィッシングで釣ったとのこと。
今の自分にはできない釣り方だ。

<本日の結果>
バイト1、キャッチ1。

<明日のために>
釣りの引き出しを増やさないと、勝負にならない。

コメント

  1. きゃすお より:

    いつも更新楽しみにしてます!
    24日にまたバスボートに乗れることになったので、1日頑張ってきます!
    フィールドは違いますが、私も最近はミドストばかりしていて、なかなかリズムがいい釣りをできてない気がしていますm(__)m
    苦しい時もありますが、それも釣りの醍醐味なのでお互い頑張りましょう(^^)‼︎

    • unyao より:

      きゃすお 様

      ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
      ミドストも始めたばかりで、まだまだテクニックを確立していません。
      現状、正解の釣り方ではないようですが、もう少しやり続けようと思います。

      24日、いい釣りができますよう、祈っています。